θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

9.14 itoma ∞ !SUNDANCE! presents【~闇のカーニバル~】(goat、TADZIO、東野祥子、Toshio Bing Kajiwara、メガネ、37A、IROHA、今貂子、dj ◯-maru-、dj colaboy) /木屋町アバンギルド

f:id:otakebi:20140913183205j:plain

 

 
この日はこのイベントへ。アバンギルドでチケットの予約をしようとしていたら偶然見つけました。
 
アバンギルドのサイトで見ていると18時半開場だったので、その時間に行ったら既に始まっていた。どうやら18時からだったようです…。幸い、ライブはまだ始まっておらず、dj colaboyさんが曲をかけていました。
 

f:id:otakebi:20140913185054j:plain

 
 
場内の照明は薄暗く、こんな飾りもあったりで(暗くてわかりにくですが…)普段のアバンギルドとはかなり違う異様な雰囲気を醸し出していました。dj colaboyさんの選曲も、この会場にマッチした怪しく不安な気持ちにさせるものや前衛的なものが多く、とても興味深かった。…などとしている間に、最初のアクトであるgoatのライブが始まりました。
 
 

goat

やった曲は
 
1.New Games
2.ON FIRE
3.Std
 
の3曲だったと思います。前回から2週間程しか経っていないのだけれど、アバンギルドの少し音が反響するハコ鳴りとレトロな場内の雰囲気がgoatの前衛音楽の側面を強調しているような気がしました。特に「Std」のノイズ部分の音の回り方が気持ちよかったです。この曲はノイズが黒い雲のような音像を描いて、立体的な見た目になるところがとても好きです。最高でした。
 
 
 
 
 

TADZIO

リーダー(g、vo)と部長(Dr、vo)の2人組ユニット。今日、ここに来たのはこのバンドを観るためだったと言っても過言じゃない。セッティングが終わり、ギターの爆音が響く。
 
めちゃめちゃハードな音にびっくりたまげました。音のハードさとは裏腹に、曲はとてもシンプルでいてキャッチー。どこか女性ならではの可愛らしさも見え隠れするところがとてもよかった。たぶん、声の可愛さなんかな。歌詞はどぎついんだけど、声が可愛いからそこまできつく聴こえないところがいいなと思いました。MCもなく、ぶっきらぼうに曲をひたすら演奏し続けるのも好みでした。パンク、ハードコア、ポップの混ざり具合が絶妙でした。また観たいです。
 
VJ入って、後ろに映像流しながらだったのもよかったです。映像が凄い合っていて、バンドの世界にどっぷりと浸かってしまいました。
 
帰りがけに思わず2nd買ってしまいました。
 
 
 
 
 
この後は、今貂子さんの舞踏やポールダンスのパフォーマンスがあったんだけど、急激に眠気が襲ってきて、朦朧としながらパフォーマンスを観ていました…。
 
goat、TADZIOとライブを堪能し、そしてアングラな雰囲気に満たされたこのイベント。面白かったです。ちゃんと最後まで体力が持っていたらもっと面白かっただろうな〜。