θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

9.1「THE NANBA SHOW 相当衝撃的なスクールポップ!! Vol.5」(南波志帆、バンドじゃないもん!、 タルトタタン、オープニングアクト:住岡梨奈) /渋谷WWW

タルトタタンの初ライブってことで張り切って行ってきました。

なんとなく夜行バスの気分だったので、仕事を終えて京都駅へ。8月最後の夜だったんで、ザ・ハイロウズの『ボート』なんか聴きながらおセンチになりたかったけど、ムシムシしててそんな気分でもない。

爆睡してたら早朝の新宿にいました。店も開いてないのでネットカフェで漫画読んだりぶらぶらしたりして渋谷へ。渋谷に着く少し前に「これからはもっとカレーに対して真剣になっていこう」と思い立ったので、カレーを食べに行きました。

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13007278/

お昼少し前に行ったので、お客さんが誰もいなくて緊張した。ほどなくしてパラパラと入っていたからよかったです。

その後はタワレコ行ったり、駅前で途方にくれたりと適当に過ごしていた。いつも「もう少し調べてくればよかった」と思うけど、たぶん直らないだろう。会場への道は直前に地図で確認していたので、ほぼ迷わずに着けました。これはなんとなくで行ったら絶対に辿り着けないだろうなという場所だった。

映画館を改装したところらしく、その面影が残っていました。とりあえず物販でタルトタタンのTシャツを買う。で、客席へ向かうも、入り口がとにかくわかりにくかった。客席はまさに映画館という感じの段差が3つほどあって、けっこう観やすそうな感じ。パンクとかのライブはきつそうだけど。自分は最初の段差のとこの真ん中あたりにいました。

開演時間になり、南波志帆さんの注意事項アナウンスが入る。声が可愛くてロリぃなと思いながら聴いていた。


■住岡梨奈
アコギの弾き語り。とても綺麗な声でよかったです。3曲しかなかった(1曲はカバー)だったので、もうちょっと聴きたいと思いました。

http://www.sumiokarina.com/
※動画がさっと出てこなかったので、サイトのリンク


タルトタタン

セットリスト
1.恋するカレンダー
2.入り鉄砲に出女
3.鳴門
4..シンギングインザレイン
5.epoch making love
6.ランララン
7.しょうがないマイラブ

バックバンドのメンバーは、Gtに田渕ひさ子さん(bloodthirsty butcherstoddleなど)、Baに田中貴さん(サニーデイ・サービス)、Drに西浦謙介さん(進行方向別通行区分)といった豪華な方々。ステージ端にキーボードが用意されていて「プロデューサー真部さんの登場もあるか!?」と期待したけどそれはなしでした。

バックバンドの人たちはみんなタルトタタンTシャツで、タルトタタンの2人は亀高さんは白のインナーに赤に水玉のワンピースかな。有井さんは対照的に黒のインナーに緑に水玉のワンピという色違いでおそろいの衣装だったと思う。なんとなく昭和のアイドルが着てそうな感じ。スカート短めで「アイドルっぽいな〜」とか思ってた。

1曲目は『恋するカレンダー』。もう、イントロ聴いた瞬間に「本物や〜!」と大興奮でした。そこから『入り鉄砲に出女』とか自分の好きな曲が2曲続けてきていきなりお腹いっぱい。

途中、MCを挟んで、亀高さんと有井さんが交代でキ−ボードを弾きながら『シンギングインザレイン』と『epoch making love』の演奏もあった。2人とも上手かったなぁ。そこからラストスパートとアルバム1曲目でノリノリの『ランララン』とこれがなくてはな『しょうがないマイラブ』で終了。

初めてのライブってことで、とにかく初々しい2人に釘付けでした。曲ごとにちょっとした振り付けなんかもあって、学芸会っぽくて可愛かった。

バックバンドの演奏が力強くて単純なアイドルとは少し違った印象もありました。オケを流し、ヘッドフォンをしながらの西浦さんのドラムは丁寧さとパワフルさを兼ね備えていたし、ひさ子さんのギターはジャキジャキで鋭角なんだけど、佇まいとか女性ならではのほんのりした感もありました。田中さんはピックと指引きできっちりリズムキープ。さすがにアンソニーさんの超絶スラップは再現せず。ピックでビンビンした音を再現してました。

初めてで音をはずしたり、声量が足りない気もすることがありましたが、来てよかったと思えるライブでした。

また行きます。


■バンドじゃないもん!
1回観てみたかった。

なんというか、すごいカラ回りっぷりだった。ドラム2人の意味もわからんし、歌も上手いとは思えない。そんで、微妙なパフォーマンスの連続。なんだけど、何故か好感がもてる不思議。不思議すぎるバランス謎やった。「メガネ萌え」ってサビの曲は好きです。


南波志帆
初見でした。とにかく声が可愛かったと言える。衣装も可愛かったと言える。なんやけど堂々としたパフォーマンスでびっくりしました。MCは自然と笑いがおきる自然なもので好感持てた。ただ、曲のバリエーションが少ない気がして、後半少し飽きてしまいました。音作りやミドルテンポの曲がほとんどだったからかな。

ボーカルの人が前面に出て、お客さんを盛り上げる感じのライブに行ったのが久しぶりだったんで、新鮮でした。


思ったより早くイベントが終わり、バスの時間までの微妙な時間をなんとかするべく麺を探して渋谷の街をさまよい、それでも時間が余ったので、ゲーセンなんかに行ってみたりなんかで過ごす。店出たらゲリラ豪雨に遭遇し雨宿りするも全然止みそうになかったんで、傘を買ったんだけど、買った瞬間に雨が小降りになるというお決まりの残念パターンで京都に戻りました。爽やかに晴れた京都の朝を傘持って家路について残念気分でありました。

タルトタタン目当てで行ったイベントでしたが、他の人たちもしっかり楽しめてよかったです。