θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

東京1日目(にせんねんもんだい、MASONNA /渋谷o-nest)

先週末行った東京レポです。2日分まとめると長くなりそうなので、分けます。

とりあえず、仕事を終えてダッシュで家へ。京都駅から夜行バスで行くことにしたので、そこまで行く時間考えると家にいる時間が1時間ない。まず風呂入って、カバンの中身を確認して、少し時間が余ったのでご飯とおでん食べて家を出ました。

出発30分前に京都へ着けたので、余裕やで〜と思い、バス乗り場確認して買い物でもしようとバス乗り場を探しました。前はフィーリングで行ったらあっさりみつかったので、今回は2回目だしなんとかなるはずと思ってましたがダメでした。20分くらいうろうろしてました。なんか地下行ったり、わけわからんところへ行ってました。結局、交番で聞いたら、うろうろしてた場所の後ろが乗り場みたいでひと安心。買い物も無事できました。


夜の京都タワー。外国人の観光客がたくさんいました。

バス乗ったら疲れが出てきたのですぐ寝ようと思い、うとうとしだしたんですがなかなか眠れませんでした。隣の男の子が強烈な臭いを放ってた。たぶん就職活動なんだろうと思います。向こう着いたら風呂入れよと思いながら気合いで寝ました。2時間くらいかかりましたが。



深夜のサービスエリア。深夜は独特の雰囲気があって好きです。

翌朝、無事東京駅へ到着しました。雨が降ってたので傘買って、とりあえずトイレ行ったら傘忘れました。買って10分たってないっす。

傷心で今日の予定を立てるため、ネットカフェを求めて新宿へ。何やかんやしてたら昼近くになったので、どうしようかと思い、前回行けなかった円盤に行こうと決めて高円寺へ向かいました。思ったより小さな店内で全部見るのに10分くらい。普段通販で買ってる商品がたくさんあったので、テンション上がって買いまくりました。

そこから渋谷行って、タワレコ栗コーダーカルテットの新譜買ったりしてました。渋谷をうろうろしてたら雨でズボンがぐちゃぐちゃになってきたので、今日泊まるホテルへ行くことにしました。渋谷駅の新南口ってところあたりみたいなので、駅の案内板を見たけど全然載ってない。どこに向かえばと迷いながら駅周辺を1時間くらいさまよってました。最終、駅員さんに聞いたりしてなんとか辿り着けました。なんか駅の外からだと、地下通路通ったり訳わからい道順で、何も知らない人は絶対辿り着けないだろって場所にあった。

テルチェックインして、カバン降ろしたら底が雨でぐしょぐしょでした。替えの服が濡れてた。靴下は再起不能。履いてた靴も絞れるくらい濡れてたので、とにかく今のままじゃヤバいと思ってドライヤーとかをフル活用して乾かしまくりました。乾かしきれて、夜のライブまで30分くらい時間あったから仮眠取ってo-nestへ。

o-nest道玄坂を上って行って、交番のところを右って記憶を頼りに行ったんですが、曲がるところを1本まちがえてたみたいで迷いました。携帯の地図で調べたりしてなんとか到着。思いっきりラブホ街でした。関西も十三ファンダンゴとかアバンギルドとかライブハウスのラブホ街率は高いので、そんなにびっくりしなかったですが。

5階か6階へ上がって会場の中へ。バーみたいなスペースがあって、ライブスペースは1こ下の階。1回外出て螺旋階段降りて中に入るのにはびっくりでした。初めてだった。

MASONNA
東京ではどんな感じなんだろうと楽しみでした。

思ったより盛り上がらなかった印象を受けました。大阪だったらマゾさんがノイズ出したら発狂する感じで盛り上がる気がしたんですが、みんな棒立ちでした。そんな状態で天井ぶらさがったり暴れるマゾさんはかっこよかったっす。今にも客席に飛び込んできそうでした。

ライブは1分半くらいで終了。マゾさんが去って行ったあとの一瞬間があってワッと盛り上がる感じは大阪と同じでした。

にせんねんもんだい
さすが地元というか、前へつめる人が多くてメンバーの姿はあんまり観れませんでした。

20分くらい待った後、この日のために作ってきたと思われるVTRが映し出されました。内容は今までの作品を振り返ってくようなもの。最後に新譜のタイトル「FAN」って出てきて照明が落ち、真っ暗な中で「FAN」のイントロ?が始まりました。そこから5分から10分くらいギターの高田さん1人で音を重ねていきます。時折、ピカッ照明が光ってた。暗闇の中、ドラム姫野さんが加わり、強烈なハイハットの応酬。照明も少しずつピカッ度合が強くなり、盛り上がってきます。ステージ左のベース側見たらマネキンがベース抱えて立ってました。かなり凝ってます。そこからまた10分ほど、いつのまにかマネキンがベースの在川さん人に替わり、メンバー全員揃いました。そこからは、今までジワリジワリと溜めてきたものが爆発し、かなり気持ちよく踊れました。そんな感じで1発目から35分の新作をフルサイズでやって、これだけで来てよかったと思わせる演奏。

そこから、「ミラーボール」など数曲やってました。どの曲もミニマルなフレーズを延々繰り返しながら少しずつ展開していくスタイルで、僕の大好きなタイプなので、気持ちよく踊らせてもらいました。途中、高田さんのMCで新譜を「最高とはいいませんが、かなりいい出来だと思います」みたいなこと言ってて、謙遜してる感じが可愛らしかった。

そんな感じで、アンコール含めて2時間弱の長丁場でいろんな曲を堪能できました。にせんねんもんだいは1曲が長いから、これくらいの時間だと世界に浸れていいですね。


無事、CDも買えたんでホテル戻って(今度は迷わなかった)服乾かしながらすぐに爆睡しました。