読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

9.3 <ともだちはじめ>リリースライブ(津山篤、山本精一) /難波ベアーズ

f:id:otakebi:20160903190856j:plain

山本精一さんと津山篤さんという、自分の中での大好きなお2人によるデュオCDレコ発イベント。行かない理由は…なかったです。会場時間を少し過ぎた頃に入場。ステージにはお2人の機材がたくさん。フロアは後方に長椅子がいくつか並べられて前方ではお客さんが床にそのまま座るスタイルでした。そんなスタイルでほどよくお客さんで埋まっていたと思います。
 
開演までは、キンメさんのお茶をいただいたり、物販に置いてあるデュオCDを見て「本当に出てる!!」って驚いたりしていました。
 
 
そんなことをしていたら開演でした。
 
 
 
第1部
今回は2部構成でずっとデュオでの演奏でした。前半は短めの演奏を続けざまにという流れで、ざっくりこんな感じ。山本さんは終始エレキギター、津山さんはパート毎に使用楽器を変えてました。
 
1)エレキ×エレキ
お2人ともエレキです。津山さんはベースアンプに繋いでました。エフェクトなしの単音フレーズが多く、不協和音っぽい感じも多い、絶妙なところで噛み合ってない?噛み合ってる?演奏でした。そんな演奏だけど、ピタッ同時に終わったので、噛み合っていたのでしょう。
 
2)エレキ×エレキ
山本さんはエフェクト駆使しまくったギターサウンド。津山さんは低音減多めでベースみたいな役割を担うことが多め。個人的にはこの演奏が一番良かったです。
 
3)エレキ×アコギ
津山さんがアコギに持ち替えての演奏。山本さんは比較的裏方よりで、アコギががっちりフューチャーされてた気がします。後半、徐々にテンポが上がっていった先の展開が素晴らしかったです。テンション上がるけど、どこまでもダークなサウンドでした。
 
4)エレキ×割り箸、笛など
山本さんの演奏の合間に、用意してた割り箸を割る音をマイクに拾わせる津山さん。何の前ぶれもなく、素でしてて、客席から笑いが…。何本か割って、最後は膝で全部割ってた。その後、津山さんは笛を吹いてたり。これも凄い演奏だったんだけど、どこかシュールでコミカルなのは、このお2人だからなのかな〜。
 
これで1部終わりでした。全部で20分ちょい。
 
 
 
第2部
こちらのパートは長めの演奏がひとつ。最初はお2人ともエレキで、ゆっくり包まれるように音の世界へ。山本さんはエレキのみ。津山さんはエレキと他の楽器半々くらいか。他の楽器というのが、笛とiPadのピアノアプリと声って感じ。いろんな音の世界が万華鏡のように移り変わっていって、ずっと聴き入ってました。中盤、山本さんがインド音楽っぽいギター弾いて、津山さんがお経っぽく歌ってる?ところが特にお気に入りでした。40分くらいかな。
 
 
 
アンコール
山本さんのギターシンセに登録されているのかな。エレクトリックでちょいサイケで怪しいリズムに山本さんの単音多めのギターが乗っかり、津山さんのピアノアプリでの演奏が絡む(音色変えてたから、シンセかも)。後半はギターアプリに変わっていて、本物があるのに、アプリで演奏してました。指が画面を滑るように弾く場面もあったりで、これでしかできない演奏があるのかも。そんな感じで10分くらい。ちょっと長かったかも、です。
 
 
 
そんな感じで、バラエティに富んだ面白いイベントでした。2人だけで、こんなにいろんな面白い音楽が聴けて本当に楽しかったです。絶妙な距離感からくる意味不明さや歪さも独特だったし。
 
 

f:id:otakebi:20160903191301j:plain

 
 
 
CDも無事購入。この日しか売らないって言ってたけど、ありえないくらいありましたよ。アンプの上に鎮座されていたのも在庫だろうし。来月、今日の続きをすると言っていたので、そこでも販売されるのでしょうか。