θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

8.28 too silly to die, vol. 1(山本精一、asuna)

f:id:otakebi:20160828181631j:plain

 
 
ふと、「最近山本さんを観る機会がないなー」と思いながらスケジュールを見ていたら、丁度タイミング良くイベントがあったので深く考えずに予約しました。予約後、このイベントは「尻ギター」という謎の創作楽器を演奏する会だと知ってワクワクが止まりませんでした。珍しいものが観れそうだったので、かなり楽しみにしてました。
 
お昼過ぎまで京都nanoで行われていたnanoボロフェスタに行ってて、そのまま自転車でゆすらごまで。開場時間に着いたのですが、安定の30分押しでした。で、中に入って畳に座布団という落ち着き空間でビール飲んだりカレーを食したりしながら開演を待ってました。友人が頼んだかき氷が激烈デカくて、びっくりしたりも。そんなことをしてたら、何となく開演です。
 
 
asuna
店内に入って、ステージ床に大量に並べられたおもちゃの山を観て「こないだ空間現代のイベントで観た人だ」と思い出したり。噂の尻ギターは床に横たわっており、それを取り囲むように配置されたおもちゃ。何だか神秘的でもありました。中心にあるのは尻ですが。
 
肝心の演奏ですが、いろんなおもちゃを尻ギターの上に置いて、おもちゃの動きでギターを弾いていたり、カセットテープなんかで再生した音をピックアップのマイクに拾わせてたり(?)。最初は鉄琴のような音が静かに鳴っていて、そこからドローンとした展開、かなり黒い世界が広がっていき、最後はまた鉄琴に戻るという感じ。なんか、おもちゃを使ってストイックに尻ギターという楽器と対峙している様子は、シリアスなんだけど「尻なんだよな」と頭によぎった瞬間に不思議な気持ちになる…。そんな(?)演奏でした。
 
 
 
足下にはエフェクターが6、7個くらい。机の上にはギターシンセ。後方にはカシオレーターかな。アンプが合計3台。
 
演奏前に、お店の人から今回のイベントの経緯の説明(ゆすらごのツイート見て下さい)があって、それからの演奏。最初はスライドバーを使ったブルースっぽいアプローチ。「このギターは1ストリングスで、こういう風に演奏するのがいいと思う」と言ってからの演奏だけあって、とても「それっぽく」聴こえました。それからは、いくつかのフレーズをループさせながら、とても神秘的で宇宙っぽい演奏。自分は尻ギターが宇宙空間を舞っている映像が浮かんできて、めっちゃ凄い演奏なのになんだか笑えてきてしまったり。それから、カシオレーターの少し後のめりなリズムに合わせていたり、ネックを叩いてみたりしながら30分くらいの演奏。で、「もうできることがない」って演奏終了でした。
 
終演後に「弾きたかったら弾いてもいいよ」ってことだったので、ちょっとだけ触ってみたんですが、まともに弾ける代物ではなかったです。弦は1本、フレットなし、ボディ寄り1/3くらいは音が出ないデッドゾーン、以外に重い。そんな楽器にも関わらず、山本さんが弾くと山本精一の音になってた。制約だらけこの楽器をフル活用しながら、しっかりとまとまった演奏で、改めて「この人凄すぎ」って思ってしまいました…。
 
asunaさんと山本さんと、各々別なアプローチでこの謎の楽器のポテンシャルを引き出していて、とても面白いイベントでした。
 

f:id:otakebi:20160828203734j:plain