読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

8.14 TADZIO presents "VS"(TADZIO、山本精一with砂十島NANI) /難波ベアーズ

f:id:otakebi:20150814190150j:plain

 
 
 
この日はこちらのイベントへ。爆音ガールズデュオTADZIOの「vs」シリーズ大阪編。対バンは山本精一さんと問答無用で行くしかないイベントでした。
 
最近、仕事が激務だけど、今週は思いのほか順調に進んだので、お昼から休みを取ってフラフラと行くことに。途中、TwitterのTLを見ていると、山本精一soloから山本精一with砂十島NANIへと出演者変更があった情報を見つけました。久しぶりにNANIさんのドラムが聴けることで気持ちはかなりウキウキでした。これは嬉しい誤算でした。
 
 

 

 
 
同時に、ビンゴ大会って何?とも思った。
 
開場時間に少し遅れて到着するも、まだ開いておらず。入り口の階段では、開場待ちのお客さんが10人ほど。やっぱり気持ち客層がいつもと違うような。で、20分押しくらいで開場、受付済ませてそのまま場内へ。フロア内に謎のガムテープの枠が。もしかして…という気持ちもありながら、ステージ上の機材を確認です。
 
ステージ中央にはドラムセット、左側にベースアンプとギターアンプ1台ずつ。右手にギターアンプもう1台という構成でした。そんな感じで機材を見ているうちにもどんどんお客さんはやってきて、かなりの大入り状態。で、前の方に詰めて来る人も多かった感じでした。15分押しくらいでイベントは始まりました。
 
 
山本精一 with 砂十島NANI
楽屋のドアが開いて山本さんがひとりで登場。ビンゴ大会はスルーされたようです…。帽子にサングラスだったので「やっぱりノイズなのかな」と思ったり。アンプの電源を入れると漏れるフィードバックノイズ、そしていつものストラトを弾き出しました。いきなり高速ストロークからの不協和音。時折、カシオレーターらしきものをいじって極悪でジャンキーなギターノイズが撒き散らされていました。
 
数分間、ダウナーなノイズサウンドにまみれ、後ろに人の気配が。NANIさん、客席から出てきた。ドラムセットをまたぐ感じで椅子に座る。そして、珍しく山本さんがマイクをくわえるような感じで叫びだしてそのまま爆音ガレージパンンク大会へ。
 
最初は即興のセッションかとも思ったんですが、「曲の終わり」らしきものがありました。どっしりと腰を落としながら低音弦を中心に重厚なリフを繰り返していく山本さん。合間でマイクに向かって叫ぶ瞬間もあってよかった。NANIさんもどっしりとしながらもエッジの効いた強烈なドラムを聴かせてくれました。デュオだったから、かなり自由にドラムを叩いていた気もしました。手数多めやった。身体が自然にリズムに乗り出して、血液が少しずつ沸騰していくようでした。40分弱の演奏だったけど、久しぶりにこういうジャンキーなガレージサウンドを聴くことができて本当に嬉しかった。個人的には今年一番好みだったです。これ、音源化して欲しいな。
  
 
 
■TADZIO
観るのは1年くらい前にアバンギルドで観て以来2回目かな。さっきのライブが終わってから、スタッフの方が「すみません、ここにドラムが来ます」とフロアの枠を指す。フロアライブなのね。
 
機材をフロアへ移していたり、なんかエアコンが壊れたみたいで、急遽、扇風機を出したりしていたから、かなり時間がかかっていました。自分の立ち位置はリーダーさん(Gt、Vo)のすぐ後ろだって、前からドラム、後ろのアンプからはギターという不思議な位置でライブを観ることになってました。で、セッティングが終わり、TADZIOの2人がやってきました。2人とも浴衣で可愛い。いつものマスクを被っていて微妙なテンションで「やるぜー!」とフロアのステージへ。
 
1曲目は「Pig」から。速いテンポでザラザラとしたギターの音と印象的なリフ。MCはほとんどなく、ひたすら曲をやってました。こちらも40分くらいだと思うけど、あっという間でした。ボーカルの声はあんまり聴こえなかったんだけど、時折聴き取れたと思ったら「豚野郎」とか「ビッチ」とかそんなインパクトありまくりな言葉。曲はガレージパンクっぽいものが多いんだけど、メロディーの振り幅大きくて、飽きがこないのが凄くいい。お2人の声がすっごい可愛くて、音は強烈なんだけど、声が乗ると自然にキュートでポップな感じになるところが面白いです。自分も含めてみんな楽しそうでした。エアコン壊れたせいで、異様な暑さで死ぬかと思いましたが。
 
アンコールでは本編でギターの弦が切れてしまったので、山本さんのギターを借りて1曲でしたやったのは「SICK」かな。これも最後にふさわしい、ひっちゃかめっちゃかなテンションで最高でした。
 
 
 
 
 
終演後、客席からの「ビンゴ!」コールが起きたので、なんとなくビンゴ大会が始まりました。ステージでTADZIOのお2人が数字を読み上げる。これがマイクも使わず&やたらと速いペースでお客さん完全に置いてけぼり。途中からマイクを使ってましたけど、マイペース過ぎるビンゴでした。で、ビンゴの方1人出て、それでおしまい。謎過ぎて最高に面白かったです。
 
 

f:id:otakebi:20150814205412j:plain

 

 

 

思わぬかたちで、ギター&ドラムのデュオバトルとなった今回のイベント。音の迫力という点では山本さんのユニットの方が勝ってましたが、ポップさではTADZIOかな。どちらもガレージパンクっぽい音だったけど、どちらがというのはなくて、どちらもそれぞれの良さがあって「同じ編成でも人が違えばこんなに違うんだな〜」って感じで面白かったです。今年行ったイベントでベスト5には入るイベントでした。本当によかった!