読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

7.27 山本精一、白波多カミン2マン /木屋町アバンギルド

ライブ 木屋町アバンギルド 山本精一 白波多カミン

こんな2マン行かない訳にはいかないでしょう!ということで行ってきました。ここのところ山本さんを毎週観ている気もしますが、気にしてはダメです。

開場時間を少し過ぎた頃に到着すると、けっこうな列ができていて、自分が入ったときにはテーブル席、椅子席ともにほとんど埋まった状態でした。それでもなんとか椅子席の後ろの方を確保してビール飲んだりして開演を待っていました。

開演時間から30分ほど過ぎた頃、ふらりと山本さんがやってきてステージへ。セッティングをして一言。「ごめん、7時からやったんやね」。どうやら開演時間を勘違いされていた様子。「苗場に行っていてモードが戻ってない」とも。そんな状況でライブは始まりました。

山本精一

ライブは「ふたつの木のうた」からでした。モードが変わっていないからか、声が裏返ったりあまりらしくない演奏でした。2曲目からは大丈夫でしたが、珍しかったので、少しあせってしまいました。

新譜の発売もありましたが、新しい曲の演奏はほとんどなかったように思います。淡々と、盛り上がることもなく盛り下がることもなく演奏は続けられていきました。目を閉じて、美しいギターの音と歌詞から頭の中に浮かんでくる情景を眺めながら、自分の世界に浸りながら聴いていました。山本さんの歌を聴いていると、やたらと情景が浮かんでくるから不思議です。都会の喧騒や夜の森だったり、日常のふとした風景がどんどん観ててくる。中盤くらいで演奏された「小さなもの」で涙腺が崩壊しそうになったりもしました。

最初はアンプ2台使っていたんだけど、片方がダメになってしまって、中盤以降は1台だけだったのは少し残念でしたが、1時間くらいが一瞬に感じられて、いいライブでした。



白波多カミン

初音階段で何度か観ていますが、カミンさんソロで観るのは初めてだと思います。ファーストアルバムは持ってるんだけど、なんとなく実はあまり聴いていませんでした。

アコギの弾き語りとピアノの弾き語りで、伸びやかで澄んだ歌声が印象的でした。女性ならではの優しさもありながら、その裏には真っすぐした強さも感じられたり、とてもよかったです。一方でMCだとぽわんと無邪気で可愛らしい女の子といった感じで、そのギャップがたまらなかったです。でも、「カバーをします…」といって山本さんの「人形が好きなんだ」をカバーするあたり、変な人なのかも?と思ったり。

こちらも、ライブ中ほとんどずっと目を閉じて浸っていた訳ですが、情景というよりはカミンさんの声に浸っていたり、綺麗なメロディーに耳を傾けていました。本当にいい声だし、感情が揺さぶられるようなメロディーが素晴らしかった。最後の曲ではマイクを通さずに肉声で歌っていたのもとてもよかったです。

アンコールでは山本さんと一緒に演奏もされていました。最初何の曲かわからなかったけど、帰っていろいろ調べたりして、山本さんの「名前なんてつけたくないうた」だった。カミンさんボーカル、山本さんギター&コーラスで。山本さんとカミンさんの声はちょっと輪郭がぼやけたようなところがあるのか、溶け合って聴こえてきて、とても心地よく聴こえてきました。この曲はサビのメロディーラインが涙腺を刺激するから恐ろしい…。そして、ダブルアンコールもあって、とても満たされた気持ちになって終演となりました。




今まで、初音階段でしたか観てこなかったことを後悔するような凄くいいライブでした。終演後、思わず新譜も買ってしまったし。




山本さんの女性シンガーとの共演というところでいくと、先月の柴田聡子さんとの共演が記憶に新しいところですが、柴田さんは「いびつさ」や「空虚感」みたいのがけっこうある気がするんだけど、カミンさんにはそれをあまり感じなくて、なんとなく正統派なのかなと思いました。もちろん、ところどころ「いびつさ」もあるんだけど…。どちらも、いいメロディーと澄んだいい声なところは共通しているのかな、と思ったり。どちらが…ということもなくて、どちらも好きだと思い直したりしました。