読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

5.30 Brain Massage(PARA、数えきれない、Paradiska) /中津Vi-code

先月末くらいにPARAがライブをするということを知って行ってきました。5月は仕事が地獄のように忙しいときなんですが、この日のライブに行くことを目標に仕事を組み立て、定時になった瞬間にそそくさと職場を出て中津に向かいました。みんな片付けをしていたようですが、気にしない。

開演時間10分ほど前に着いたのですが、客入りはそこそこ。場内をストレスなく動き回れて適度に踊れそうなくらいで一番好きな感じ。自分も含め仕事帰りの方もちらほら。とりあえず、ビールを飲んで、10分遅れくらいで始まりました。

Paradiska

初見でした。ギター、キーボード、パーカッション、ベースにドラムの5人。土台のリズムは踊りやすく、その上で鳴る奇数拍子でいびつなミニマルフレーズを追いかけるときにあるひっかかり、快感がとてもよかったです。少しPARAの音楽にも通じそうなところもあるのかな。

雲を突き抜けてその先にある光や青空が見えてきそうな浮遊感がある曲もあれば、真夜中の原住民の祭りをイメージさせられたドロドロとしたグルーヴの曲もあって、振り幅も大きく、観ていて全然飽きなかった。Vi-codeの音響の関係もあるのか、ドラムとベースがめちゃくちゃパワフルで聴いていてすっごい気持ちよかったです。

ただ、ギターとリズム隊の絡みが微妙に上手いこといかない瞬間が何回かあって、そこだけが残念でした。気持ちよく乗っていたのに、一瞬現実に引き戻されるような。

全体的にはすごく好みでいいバンドだと思ったので、また観たいです。



数えきれない

先月か、アバンギルドで観てからの2回目。メンバー3人全員がメインボーカル、コーラスと1曲の間で代わる代わるしているところが面白いです。各々が輪唱みたいにちょっとずつズラして歌うことで立体的な広がりを見せる曲があったり。他の曲も基本ポップスなんだけど、耳障りいいような悪いような不思議なものが多い。ライブ後もメロディーの断片がなんだか頭に残るんですよね。面白いです。

ムートンさんの捕らえどころのないMC、ツッコミを入れる他のメンバーのほんわかした雰囲気がこれまたよかったです。こんなメンバーだからこんな面白い曲が生まれるのかな。


PARA

昨年末に大阪、京都で観て以来か。セッティングもそれほど時間がかからずに始まりました。YOSHITAKEさん、家口さんの機材がコンパクトになったました。千住さんのドラムも少し数が減った?

セットリストはおそらくだけど…

1.Pastral
2.新曲
3.Palmet
4.Jack
5.Corinto
en.Arabesque

かな。注目はやはりこの日が初めてであっただろう新曲。PARAの他の楽曲みたいなくっきりとした立体的な音像ではなく、聴いていて音が川のように横に流れていくようなイメージが浮かんできて、新鮮な聴こえ方をしていました。立体的な音像というところでは少し前からやっている「ミラージュ」という曲がひとつの到達点のような気がしていたから、少し違ったアプローチの新曲が聴けて安心したところもありました。

仕事帰りで疲れていた&空きっ腹に酒で酔っていたこともあって、メンバーの様子はほとんど観ることなく目を閉じてPARAの音の世界に浸っているうちに終わってしまいました。アンコール込みで1時間くらいだったと思うけど、ほとんど記憶がなく、一瞬で終わってしまった…。後に残ったのは頭と身体の心地よい疲れと満足感でした。

終わり際のMCで山本さんが「レコーディングするかも」と言っていて、CD未収録の新曲も4曲になったし、久々の新譜に期待が高まりました。



どのバンドもよくって、満足感あるイベントでした。「Brain Massage」というイベントタイトル通り、脳が気持ちよくリフレッシュできた気がしました。