読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

5.3 GASOLINE ROCK FESTIVAL 2014 大阪(GASOLINE、Oi-SKALLMATES、KINGONS)


ある日、久しぶりにオイスカのライブ観たいなと思って調べてみたら見つけたこのイベント。さらにはGASOLINEも凄い久しぶりだったので行くことを決めました。

家の用事を済ませて開場時間ぴったりに到着。フロアの後ろの方でビール飲みながら待っていたら、若い女性客がステージ前に集まっていきました。Tシャツなんか見ているとKINGONSファンのようです。全然知らないバンドだったんで、この人気振りにどんなライブをするのかちょっと楽しみになってきました。

KINGONS

お揃いの衣装に、全員目の周りを黒く塗ったスタイルで登場。出てくるやいなや、ギターがラッパ吹いたりとかなりのハイテンション。ジャーンと楽器鳴らして大股開きでジャンプしたりとアクションも派手で面白い。曲はシンプルなパンクロックという感じ。複雑なことはほとんどしていなくて、サビでは拳を突き上げて叫ぶような感じで、何も考えずに楽しむことができました。1曲、ドラムとベースだけで、ボカールギターさんは歌に専念して歌っていて、リードギターの人はステージ上で暴れ回ってる曲があって、謎でおかしかったです。

最後の方では、楽器隊が客席突入してきてお客さんの中で歌ったり。カールコード絡ませながらめちゃくちゃになって歌ったり演奏しているメンバーの姿がよかったです。

わかりやすい楽曲に派手なアクション、そら人気が出る訳やなと関心していました。ただ、個人的には曲に変化があまりなくて後半飽きてしまってました。持ち時間40分くらいだったんだけど、30分くらいが限界かな。



Oi-SKALLMATES

初めて観たのは大学くらいだったかな。今はなきマザーホールであった怒髪天企画のイベントの一番手で観たときか。このときの対バンがBEAT CRUSADERSGOING STEADYという今考えれば凄いメンツやった。それから10年以上ファンやってますが、今回は凄い久しぶりのライブ。前いつ観たか調べてみたら、2009年の3月でした。約5年振りか〜。ワラワラとステージでセッティングし始めるメンバー。ホーン隊も入れて総勢9人。やっぱり大所帯のバンドは迫力あっていいですね。で、しばらく観ないうちにメンバーが全員おっさんになり、半分くらいは丸刈りという…なんだか凄い迫力でした。

セッティングが終わり、音合わせからそのままライブはスタート。ちょい暗めなダブっぽいセッションから少しずつカラッと明るいスカサウンドに変わっていったところでワタルバスターさんが出てきて本格的にライブスタート。ワタルバスターさんは缶バッヂつけた上着に下は膝上くらい丈のヒョウ柄パンツでした。他のメンバーも比較的ラフな格好でした。

演奏曲は半分くらいはCD未収録と思われる曲だったと思います。このあたりの楽曲はテンポはそれほどでもなく、けっこう昔のスカっぽいカラッとした明るさがある曲が多い印象がありました。3曲目くらいで「Justice Calling 69」が始まった途端、それまで気持ちよく踊っていた客席に火がついてステージ前が一気にモッシュピットと化してしまいました。この曲でテンション上がらなんて嘘だからしょうがない。

そして、中盤では前日が忌野清志郎の命日ということで、カバーを1曲。スカサウンドをベースにしながらもどこか哀愁漂う凄くいいアレンジで、聴き入っていました。

後半に差し掛かり「Nishiogi Tokyo」でまたしてもフロアはモッシュピットへと変わっていきました。ワタルさんはステージ上でマイクをぐるぐる回して楽しそう。その後、コールアンドレスポンスもあってからの「Nishiogi Tokyo」、「Toshiharu(イントロのみ)」、「Babbitt Habit」、「Never Die」、「Enjoy yourself」とまくしたてるように演奏して場内をひたすらヒートアップさせてライブは終わりました。「Enjoy yourself」の途中で楽器隊が前に出てきて持ってる楽器突き出すパフォーマンスも相変わらずやってくれて嬉しかったです。

久しぶりだったけど、やっぱり楽曲が凄くいい。パンキッシュでノリノリのものや、哀愁漂うもの、カラッと爽やかなものまで幅広くて聴きやすい。そして何より嬉しかったのが、ワタルバスターさんの目が10年くらい前にここで観たときと同じようにとても澄んでいて綺麗だったことでした。

そろそろ楽曲も溜まってきただろうし、新譜を出してくれないかな〜。




GASOLINE

以前に一度観たことあるはず。調べてみたら2006年でした。こちらは8年ぶりなのか。パンキッシュな衣装のギター、ヒョウ柄ベルボトムのベースにフロントマンのガンちゃんはトレードマークの衣装(動画のやつ)。これ、何ていうのやろ?

で、登場してからタバコをくわえたガンちゃんは「僕のタバコに火がついてない。僕のタバコに火をつけてもらっていいですか?」とお客さんから火をつけてもらって、ジャーンとギターを搔き鳴らし「ロックンロール!」と叫んだ瞬間、ガンちゃんのアンプがとびました。まるで計ったのようにとびました。場内大爆笑やった。で、アンプを交換するまでの間、ベースの方がトシちゃんのモノマネで繋ぐ。面白すぎる。

改めてライブスタート。ガレージパンクっぽい曲。お客さんの煽りも上手くて笑顔で溢れる客席。そして、途中で衣装を脱いだガンちゃんはパンツ1枚になり「後ろのお客さんの様子を見に行っていいですか?」と客席に降りてきました。「俺の一気飲み見たい人?」と煽りながらお客さんを床に座らせて「いつもお酒が飲めるのは…GASOLINEさんのおかげです!」とビールの一気飲み。飲みきったと思ったらスタッフさんが次のグラスを差し出す。さらにビールを飲み干すガンちゃん。飲みきったと思ったらまたしても次のグラスが。今度はなんだか茶色い…。これはヤバいやつか?それでもグラスを受け取り、手に取ったお酒は飲み干すとのことで、全部一気してました。そんな身体を張ったパフォーマンスもあったりしながらライブは進行していきます。

その後も、お決まりなんでしょう、ガンちゃんがステージから降りようとするのをお客さんが励まして「俺、やるよ!」みたいな展開があったり、最後は6弦以外を引きちぎって「弦が一本でもロックはできる!」と6弦だけで演奏したり。曲半分、面白ろパフォーマンス半分みたいな感じでした。正直、曲だけ聴いていたら何てことないガレージバンドかもしれませんが、ガンちゃんという人がいるからそこいらのバンドにはない魅力が詰まったバンドになっているように感じました。

曲はオールドスタイルのロックンロール。フロントマンは2枚目でもないし、すごい特徴的な見た目でもない。普通のおっさんなんだけど、本当にロックが好きで、ライブが好きで好きでたまらないんだろうな〜というのがすごい感じられました。不格好だけど、それがとても魅力的で、お客さんの楽しそうな反応や笑顔がとても印象的でした。こんなに愛されている人もそうはいないでしょう。他のメンバーもなんだかいい味出してた。





お目当てのバンドは本当に久しぶりに観ましたが、メンバー変われどこうしてバンドが続いているということは素晴らしいです。なんだか嬉しくなったイベントでした。