θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

9.23 山本精一 新アルバム「ファルセット」発売記念LIVE(山本精一&THE PLAYGROUND(須原敬三、千住宗臣)、TIME PAINTING : 仙石彬人) /木屋町アバンギルド

http://instagram.com/p/tSGl0NEyEz/

 

 

この日は各所で気になるイベントが被っていたけれど、こないだベアーズであったレコ発に行かなかったので、こちらに来てみました。PLAYGROUND名義のライブは最近観ていないのと、仙石さんのTIME PAINTINGも観たかったので。
 
開場時間になっても絶賛リハーサル中で、15分くらい遅れでオープン。この日のアバンギルドはフロア右半分は椅子が並び、左側はテーブル席というかたちでした。自分はご飯を食べるために迷わずテーブル席へ。タコライスなぞを食べ、知り合いの近況を聞いたりしながら時間を過ごしていました。ライブは15分押しくらいでスタートしました。
 
ステージ左側に須原さん、中央に千住さん、右手に山本さんという並び。仙石さんのTIME PAINTINGはまだなし。まずは新譜から「FEATHER」が。山本さんのギターの音色のせいか、CDよりも激しめに聴こえました。須原さん、千住さんのリズム隊のグルーヴ感も素晴らしいです。うねるようなサウンドでした。そのまま「ORGEL」へ。積み上げられた積み木のようなちょっとしたいびつさと不安定さが印象的な曲で、リヴァーブ効かせた山本さんのギターがとても美しかったです。
 
MCは一切なしで淡々と曲が演奏されながらライブは進行していきました。前半は「EVER GRAY」、「SHOOT」など新譜の曲を演奏していました。自分は「SHOOT」でキャンドルの炎のような揺らめきが特に好きでした。中盤からは前作から「ハルモニア」なども演奏されたり。
 
そしてライブも後半に差し掛かり、「Days」のイントロとともに仙石さんのTIME PAINTINGが始まりました。ここからはこれまでとは全然違った観え方になりました。メンバーの姿は消え、視界には仙石さんが造り出す映像が広がる。オイルを使った演出かな、後方の壁一面に広がる淡く美しい幻想的な映像。その場で絵を作っているからか、ライブ感もあって、そこもまた素晴らしいです。そこにPLAYGROUNDの演奏が聴こえてくると、もうこの世のものとは思えないくらいの幸福感がありました。あまりの気持ちよさに、何の曲やっていたかは全然覚えていないです。意識のすべてを目の前の世界と聴こえてくる音を受け止めることだけに使っていました。
 
気がつけば本編が終わっており、アンコールを求める拍手が鳴り響く。そして演奏されたのは「鼻」でした。ここではTIMEPAINTINGなし。そしてもう1曲「ゴミ箱の中」。さっきまでの世界をひきずっているせいか、夢見心地で聴いていました…。ここでアンコール終了。
 
客席の電気が点き、これで終わりかと思いながらも続くお客さんの拍手。そしてステージ後ろの壁には仙石さんの映像が。メンバーもやってきてのダブルアンコールです。ここでトラブル?が。アンコールを求める拍手が遅かったことに山本さんがご立腹で「なんで拍手がなかったの?なんで間があいてたわけ?」とお客さんにめちゃめちゃ怒ってる。「理由を言ってくれ」と。客席から「電気が点いたから」って返されると「それはアカンやんか!なんで点けたんや」と。理由はわかったけど、怒りは静まらず…。そんなテンションで演奏されたのはya-to-iの「空の名前」でした。最高に好きな曲がこんな空間で聴けるなんて…。空というか宇宙を漂っているような、自分が胎児になって眠っているような優しい錯覚を覚えました。これは本当に最高やった。
 
トリプルアンコールは「もう曲がない」ってことで叶わなかったけど、約2時間のライブは大満足すぎるライブでした。
 
 
この日のライブとは関係ないけど、仙石さんのTIMEPAINTINGの動画。本当に凄い。
 
 
須原さん、千住さんの変幻自在で歌に寄り添うような演奏と美しく光り、轟音なのに静けさを感じる山本さんのギター。実態を感じさせない歌声。アバンギルドの会場の雰囲気、仙石さんのTIMEPAINTING、山本精一 with PLAY GROUNDの演奏。すべてが混じり合うように溶け合っていて、奇跡的な空間と時間でした…。
 

f:id:otakebi:20140923214052j:plain

 

f:id:otakebi:20140923214439j:plain