θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

3.13『ヤセイのエビと蛸』(溺れたエビの検死報告書、ヤセイ・コレクティブ、蛸地蔵) /梅田シャングリラ

地獄のような仕事の日々の中、ようやっとメドがつきかけた水曜日。出勤途中にTL見てたら溺れたエビの検視報告書のレコ発が今日だったことに気づいて急遽行ってきました。少しの残業を経て、京都の職場を出てから梅田へ。雨の中早足で会場のシャングリラに向かいました。

着いたのは20時くらい。最初の蛸地蔵は終わっていて、溺れたエビ031号によるDJの後半。エビがDJしてるシュールな絵に笑った。程なくして2番手のヤセイ・コレクティブのライブが始まりました。


■ヤセイ・コレクティブ
初めて観ました。ボイコーダーをで加工された声と、プログレフュージョンの要素もありながら、ところどころサイケ感もあったりでとてもかっこいい音でした。確かな演奏力がいる難しい音楽だと思うけど、すんなり聴けて踊れるのは凄いと思いました。


溺れたエビの検死報告書
本日のお目当て。昨年の秋に中津Vi-codeで観た衝撃が忘れられずにこんな感じで来てしまいました。

セットリスト(エビのFacebookページから拝借)
1.ワシャワシャ!! グギャギャギャギャ!!!
2.イソギンチャクの上で踊れ!
3.Psychedelic Under Water
4.アルテミアノープリウスが泳いでいる
5.アノマロカリス
6.The D-Shrimps Carnival
en.Shrimpping

http://www.facebook.com/drownedshrimp

転換中にDJさんがドラクエ3のラスボスのテーマ(だったと思う)をかけていて、他でかけると浮いてしまうかもしれないけど、このイベントではよくマッチしてました。「いいセンスやの〜」と思いながら聴き入っていたら、いつの間にか舞台の幕が開いてエビ集団が。今回のエビは全部で9匹。

総師のアップライトベースのイントロが印象的な「ワシャワシャ!! グギャギャギャギャ!!!」から。いきなり踊れる楽しい曲で、テンションも上がるというものです。ステージ上ではカクカクしたエビたちが演奏したり踊ったり。他では絶対ない独自の世界観に脱帽するばかり。文字で改めて見ると、とんでもないタイトルですね。

中盤にもってきた「Psychedelic Under Water」でもうちょっと踊って、「アルテミアノープリウスが泳いでいる」と「アノマロカリス」で音を聴く体勢になりました。昔の怪獣映画のサントラのような仰々しい感じがたまりません。

そして最後は「The D-Shrimps Carnival」。音作りや跳ねるリズムが楽しい曲。定番(?)のかっぱえびせんを客席に放り投げまくったり、客席乱入→お客さんの女性を取り囲んだりと音以外の演出も豊富で楽しかったです。

今回でライブを観たのは2回目。インパクトありすぎな特異な外見、奇妙な動きでまずは衝撃を受ける。それが落ち着いてきたら、ゲーム音楽や怪獣映画、ファンクの影響を強く受けている音、それに「エビ」だからか、水中にいるような不思議な音が乗っかって他ではない独自の存在感を放っています。正直、夢中になっている。

今回のライブは総師のアップライトベースの出番が減って、ワシャワシャな指揮棒で指揮をする場面が多くて、あのベースの音が好きだった自分としては少し残念なところもありましたが、この路線でいって、そのままどんどんエビの数が増えて30匹くらいのオーケストラ編成でライブがあっても楽しそうだな〜と思いました。大群のエビに子どもだったらトラウマになるくらい泣きそうだけど。

あと、会場で買った新譜がとてもよかったです。「ワシャワシャ!! グギャギャギャギャ!!!」とかライブでの勢いはそれほどだけど、じっくり聴けるものになってると思います。なんか、要所要所に聴いたことない音が盛り込まれていて、それがクセになる。