θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

11.18 WWW 2nd Anniversary "印象波" 〜PARA × 石橋英子 with もう死んだ人たち〜 /渋谷WWW

ようやっとPARAのライブがある!・・・って関西は平日やんか〜。週末は東京だけか・・・、PARAなら行くしかないっ!と5秒くらいの葛藤の後にチケットを取っておりました。

どうやって行こうかぎりぎりまで悩んで、結局バスで行くことに。荷物が多いの嫌いだから、ウエストポーチにチケットと充電器だけ突っ込んで家を出ました。予約がぎりぎりだったんでお手ごろなバスがなくてけっこうお高めのバスでした。快適といえば快適なんだけど、どうにも疲れが残る。早朝の気だるい都会は好きだからアリなんだけど。新宿は特にね。

早朝の新宿の空気を感じたりしながらネカフェでちょっと寝る&ジョジョを読み返してみたり。そろそろ動くかと店を出ると雨が降ってました・・・。こないだのタルトタタンのときといい、自分が東京に来ると雨や。でもすぐに止みそうだったし、荷物を増やしたくないから屋根のあるところをフラフラと。歩けど歩けどなかなか雨は止まず・・・。しょうがないのでディスクユニオンへ。大したものも見つからず無事に生還する。

やることないので、アキバへ行くかと行ってみました。到着した頃には雨も小降りになってきて「よかった」と安心するも、いきなりどしゃ降りになったりと困った天気。たべログ先生で調べたカレー屋なぞにいって時間をつぶすも雨は全然止まない。それどころかどんどん本降りになっていく。そんなもんで、結局ほとんどどこへも行けなかったです。アキバまで来てカレーとマクド食べただけのようだった。

そんながっかりなアキバを後に、渋谷へ移動。ついついタワレコへ寄っていろいろ物色するも買うには至らずでした。そんなこんなな微妙な時間を過ごし、会場の渋谷WWWへ。この前迷いに迷ったから今回は大丈夫でした。中へ入り、東京のお知り合いの方々とダベりながら開演を待ってました。


石橋英子 with もう死んだ人たち
この編成でのライブを観るのは2回目かな。前は元立誠小学校で観た気がします。

気のせいか、初めの数曲はジムさんのギターがあまり聴こえず。このまま最後までいってしまうのかと不安になったけど、だんだん聴こえてきてひと安心。

とにかくこの日はジムさんのギターばっかり観ていた気がします。ギター弾きまくりで、出てくるフレーズもいいし、座ってジムさんがギター弾きまくり。ソロの箇所も多くて大満足でありました。最後の新曲でのライトハンドがよかったです。あとは、山本達久さんのドラムも冴えてました。曲ごとにスティックやブラシと持ち替えて、とても表現力豊かなドラムでした。

石橋さんのピアノのせいなのか、このバンドの音を聴いていると朝もやの湖畔で聴いているような錯覚を覚えます。とても心安らいで吸い込まれていきそう、だけどちょっとした不気味さというかドロッした何かを感じます。


■PARA
夏にあったベアーズ以来です。活動再開を待ち望んでいたので、こうしてライブが観れることがとても嬉しい。
セットリストはこんな感じ

1.Cube
2.新曲
3.Fret Works
4.M/O
5.Pastral
6.Corinto
7.Arabesque

en1.Eura

『Cube』始まりはちょっと意外だった。『Corinto』あたりで始まると思ってました。

全開のベアーズは、約2年ぶりのライブだったためか、かなりボロボロの演奏でした。が、今回はかっちりキメてきました。前みたいなうにょんとした生き物みたいな演奏もたまにはよいですが、やっぱりPARAはカチッとした演奏でフレーズの流れや緻密な曲の構成とかを堪能したい。そういう意味では2曲目の新曲が素晴らしかったです。休符の差し込み方、ちょっとファンキーなフレーズで、途中の輪唱パートでの複雑さと気持ちよさ。「デレレレ」ってキメ(?)のフレーズが少しずつズレていって一周して元に戻ってくる感覚がたまらない。

今回は照明も凝っていたし、ちょっと映像もありました。が、PARAのライブは身体で踊って頭で聴く音楽だと思うので、ずっと目を閉じて音に集中してました。また、そうしていると映像なんてみなくても勝手に映像が浮かんでくる。それがとても気持ちいい。1時間半くらいのライブだったけど、時間なんて忘れてしまってライブがあっという間でした。何度も書いているけど、この独特の気持ちよさはPARAでしか味わえない。PARAのライブを観る度に思います。

と、いう訳でまた行く!


PARAを観てからは、お知り合いの方々と近くの居酒屋で打ち上げ。こちらも楽しかった〜!そして、終電でお帰りの皆さまを見送ってからWWWへ戻る。ホテルなどを取ってなかったから朝まで過ごそうと思っていたのです。

戻ってみると千住さんのDJ中でした。もうちょいお酒を飲みながらゆらゆらしていたんだけど、とにかく疲れが出たのと休めるスペースもなかったんで1時間くらいで出てしまいました。で、隣のネカフェで死んだように寝てた。

ハッと目が覚めて、洗濯したり次の大阪ライブに備えるために京都へ帰りました。