読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

7.16踊ってばかりの国、撃鉄 /京都磔磔



ついつい撃鉄が観たくて、2日くらい前に決めて行ってきました。

祇園祭で身動き取れないくらいの京都の中心、四条通を下って会場へ。会場前にはあんまり人はいなくて「大丈夫か?」とか思ったけど、最終的にはかなりの人で埋まってました。

■撃鉄
てっきり後だと思ってたけど、意外にも先でした。今回は森岡さん側の前のほうで観てました。まずは楽器隊が出てきてイントロ。4つ打ちバスドラムが気持ちいい。

で、少したって天野さんが登場。いつもの豹柄タイツに豹柄のハッピみたいのを着てました。頭はモコモコ帽子。もちろん虎のぬいぐるみも一緒です。

初めはお客さんも大人しいし、ステージが狭いせいか天野さんの動きもそれほどではなくて「ハズレ?」とか思ってしまった。けど、3曲目くらいにやった『部屋』の後半、天野さんが客席に飛び込み磔磔の客席中央にある支柱(大黒柱)に登り、しがみつきながら歌ったのをきっかけに一気に会場がヒートアップしました。この柱取っ手なんてないし、めっちゃぶっといのにどうやってしがみつけたんだろう。謎過ぎる…。

そこからはひたすら楽しかった。天野さんの卓越したキレキレで俊敏な動きは面白いし、楽器隊のスクエアなリズムと音は聴いてて気持ちいい。『かも』のギターカッティングの音はずっと聴いていたいくらいクセになる。

約1時間という長めの持ち時間でホントに盛り上がったし楽しかったです。『場違い』で終わると思わせといて『ヨルテツ』で終わるパターンは最近よくあるのかな。

MCは「祭りだしハッピ着てきた」とか「お祭りなのに来てくれてありがとう」みたいなほっこりすること1割。下衆いこと9割でありました。撃鉄観てると細かいことで悩んだりするのは無意味な気がしていいですな。また行きますよ。


踊ってばかりの国
ずっと前にシャングリラで観て以来か。撃鉄の盛り上がりをいい意味で落ち着かせてくれるとてもいいライブでした。

自分は後ろの方でお酒飲んだりしながらゆったり観てた。この声はとてもクセになるし、ちょっと濃い目にかかったリバーブでずっとほわほわしてました。室内で聴くのもいいけど、野外で寝転がって聴くのもいいかもしれません。