読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

11.6 キセル『秋のワンマンツアー2011』! /梅田AKASO

この日は1日特に予定がなかったから、掃除したり昼寝したりしてまったりすごしてました。夕方、電気屋にでも行って適当にラーメンでも食べに行くかとたべろぐ見てたら友だちから電話がありました。「キセルのチケット余ってんねんけど、行かへん?」…で、2時間後梅田にいました。

梅田AKASO初めて来たけどとても綺麗でびっくりした。バナナホール時代はもっと汚れていた印象があったんだけど…。たぶん、そのとき観たライブがDMBQSCOOBIE DOバズラって組み合わせだったからかもしれない。

そんなこんなで微妙に現実感ないままいたらメンバーが出てきました。今回はエマーソン北村さん(KEY)、北山ゆうこさん(Dr)を加えたバンド編成でした。

正直、そんなにCDを買い漁ってイントロで「おおー!」となるほどは聴き込んでないのですみませんという感じなのです。好きはすごい好きなんだけど、なかなかCDで聴こうというモードにはなってなかっただけです。

ゆる〜い楽曲と辻村兄弟の歌声が本当に心地よくてよかった。やさしくいろんなものを包み込んでくれそうないい音といい声だった。立ち見だったからよかったけど、椅子に座って聴いてたらぐっすりいい夢見てそうだった。

中盤は弟さんのノコギリとアコギのコーナーもあって、バンドセットとは違ったゆるやかな時間が流れていた。キセルの曲はゆっくりなものが多いので、ずっとされると間延びするかも…とか思ったりしましたが、この2人だけの演出がいいアクセントになって退屈せずに最後まで楽しめた。

本編は大体1時間半くらい。そこからアンコールに2回応えてくれて全部で2時間くらいだった。2回目のアンコールで加藤和彦さんの『日本の幸福?』やってくれて感激しました。誘ってくれた友だちも「前に聴いてすごいよかった」って言ってた。自分もOORUTAICHI + Ytamoで聴いてよかったからキセルバージョンも是非聴きたかった。最後の最後に聴けてホントに嬉しかった。こちらのバージョンもよかったです。

演奏はそんな感じで素晴らしいかったんですが、MCも違ったゆるさがあって楽しかった。兄弟だから出る空気感というか、距離感というか独特の関係性があって面白いです。

家に帰って気付いたんですが、この日、心斎橋でOORUTAICHI + Ytamoのライブがあったみたい。もしかしたら違う場所で同じ曲を演奏してたりしたかもしれないですね。…とか思ったら不思議な気分になりました。