読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

7.31 FUJI ROCK FESTIVAL '11−4 /苗場スキー場

ORANGEでハンバートハンバートからのスタートと思っていたけど、ずっと降ってた雨が全然止まず、足場がぐちゃぐちゃだろうってことで見送ることにしました。なので、ゆっくりとトクマルシューゴに間に合うように出かけました。

途中のGREEN STAGEでYOUR SONG IS GOODのライブをチラ見して、WHITEへ。

トクマルシューゴ
今年の頭に心斎橋クラブクアトロで観て以来、このときのライブでベースが加わっていてとても驚いた記憶があった。今回もベース有り。

トクマルさんの曲はベースレスで着地点のないふわふわしたサウンドに、あの歌声が魅力だと思っていた。けど、ベースが入って曲の輪郭をガッシリ押さえたアレンジも素直にいいと思えた。華奢な感じから少し骨太な印象で、違った魅力が出てる。いつかテレビのインタビューで「ベースはいらない」て言ってたので、どういう心境の変化かは気になります。

相変わらずトイ楽器やよくわからんいろんなものを使ったサウンドで驚きもありながらも楽しい音でよかった。


そこからTHE KILLS観るためにGREEN STAGEへ。

THE KILLS
よく知らなかったけど、Twitterでフォローしてる方が好きみたいで、この人が好きならまちがいないだろうって思って観てみた。

いや〜好きですこの2人。上下黒の服、立ち姿、何もかもがカッコイイ。余計なものがなくて、シンプルなステージだから2人の動きや華がストレートに伝わってくる。ヴィヴィが歌ってる姿は力強く艶があった。

ジェイミーのギターもいろんなことをして音を出していて、今ある機材をとことん使い倒していて好感が持てました。

できればリズムは生ドラムだったらいいのにと思ったけど、多分、この2人以外の人がステージ上がると魅力が激減してしまうよな〜と思ったりで複雑…。CD聴こう!


そのままRED MARQUEEでモーサム観に行った。

■MO'SOME TONEBENDER

ずっと前から知ってるけど、初見。バンド内でいろいろあったみたいなことは知ってるけど、初めて観たライブは自分が持ってた印象とは全然違った。

自分の印象は『冷たいコード』とか10年前くらいのものなんで違うに決まってるんだけど。自分のモーサムのイメージは焦燥感だったけど、全然違うというここ何年かのレポを見てて「そんな感じではないよ」と言い聞かせながらもちょっとはそんな要素があるかなと思ったりもした。全然違いました。エンタメ感あふれるバンドでした。

よかったのはよかったけど、ちょっとどこに向いているのか掴めない印象があった。普通に楽しかったけど、どうしたいんだろ?と思った。


で、またしてもWHITEへ舞い戻りeastern youthへ。

eastern youth
ホンマによかった。観れたことが嬉しかった。高校卒業するかどうかくらいのときにゆらゆら帝国から入ってDMBQBOREDOMSとか界隈にどっぷり浸かった頃に知って好きになったバンド。ツアーとかチェックしてたけど、どうしても都合が合わなくてずっとライブ観れなかったから、やっとだと思って。

吉野さんのギターが鳴ったとき、CDで聴いたあの音が鳴っただけで泣きそうだった。顔をくしゃくしゃにしながら歌う姿を見て、また泣きそうだった。情熱的で少し寂しくて、日本人だからできる曲と歌だと思う。

ラストの『夏の日の午後』は「やってくれたらいいな」と思ってた曲だったんで、イントロでノックアウトされた。最高でした!


そこからRED MARQUEEでenvyちょろっと観て、GREENでYELLOW MAGIC ORCHESTRA観た。

YELLOW MAGIC ORCHESTRA
PAテントのすぐ横で観てた。

なんちゅうか、大御所3人ならんでいろんな映像や光の演出があって、ライブというかそういう概念で語るのは違うようなライブでした。特にMCもなく、淡々と曲を演奏してるメンバーが印象的。

他とは違った異質な感じでしたが、楽しめました。別世界に連れて行かれた。唯一残念だったのが、小山田さんが前にあった看板のせいで全然見えなかったことです。楽しみだったのに〜。


ここで、疲れがピークに達しつつもATARI TEENAGE RIOTは観たいと思ってRED MARQUEEで行ったけど、あまりの爆音に5分でダウン。他のヘッドライナーももういいやと思ってテントサイトに戻りました。のんびり風呂入った後で「Pyramid Garden行ってないし、行こう」と思い立ち、行ってきました。軽い気持ちで行ったけど、想像以上によかった。涼しくなってきた夜中に全く知らない人どうしがとくに会話もなく、なんとなくたき火を囲ってるという絶妙な距離感がたまらなく心地よかった。自分もあったかいチャイ飲んで、ぼやっと光るキャンドルの光を見ていてなんとも言えない穏やかな気持ちになりました。

なんとなしに始まった岸眞衣子さんのライブもとてもよかった。さっきまでの大音量でたくさんの人がいた空間とは対照的で、それほど音は大きくないし、お客さんもまばらだけど、特別な空間にいるんだと思えた。

ついつい全編見てしまい、あわてて友だちと待ち合わせしてた場所へ行って、バスで帰りました。帰りのバスはずっと寝てた。そこまで大きくない音量で山本精一さんの『Crown Of Fuzzy Groove』聴きながらどっかへトンでました。

久しぶりに行ったフジロックは3日間がひとつながりで、72時間1日というような終始不思議なテンションな3日間でしたが、すごく楽しかったです。そして、3日ほとんどずっと雨ですごく過酷でした。ATARI TEENAGE RIOTが聴いてるときに、自分の体力が最後ゼロになったことがはっきりとわかった。

Tシャツたくさん持ってきたけど、使う瞬間なし。長袖と靴下が足りずにどうしようか悩んだりと大変でした。初めてのテント生活は思ったより楽しかった。虫にも悩まされなかったし。

1番つらかったのはトイレ問題かなぁ。基本的に常に並んでるから、いつ行くかってを常に意識しながら行動せざるを得なかったのがきつかったです。ビール買う→飲む→トイレ行くというルーティンがあるために「今飲んだら見たいライブに影響でるから止めとこ」という場面が何度もあって、お酒はそれほど飲んでません。そこはなんとか改善してほしい。

多分、来年以降は仕事の関係で行けないと思う。わからんけど。今回フジに行ったことで、フェスにはまた行きたいな〜と思うようになったので、来年はRSRとか行ってみるのもいいかもな〜と思いました。