θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

6.12 SAICOBABa(YOSHIMIO、ヨシダダイキチ、U-zhaan)/GALAXY GALLERY

DOMMUNEや去年のMDTフェスあたりから自分内注目度がグングン上昇中のタブラ奏者U-zhaanさんのライブがある…よく見たらYOSHIMIOさんも?SAICOBABaなんや!行きたいっ!ってノリで行くことにしました。

昼間友だちが服部緑地でライブ(コピバン)するのを観に行って、そのまま難波へ。ライブも楽しみだったけど、会場が噂に聞いていたミナミのカルトスポット味園ビルってことで、こちらも楽しみだった。グランド花月近くにあったなんて全然知らなかった。この周りは散々歩いてたんだけどな。

外観から何から怪しさ満開で、ニヤニヤしまくり。京橋のグランシャトー周辺の風情を感じました。確か2Fだったけなとエレベーターに乗ろうと思ったけど、横見たら人が集まってるバーみたいのを見つけて、中に入ったらタブラがあったんでここかなと察知。看板とかあるのか無いのかよくわからん状態だったからずっと不安だった。一回抜けて2Fに行ってみたんだけど、明らかにライブをやるような感じじゃなくてやっぱり戻ってきたりしました。このビルの2F、すんごい空気感だった。絶対に女性1人では歩けないな。そんなこんなしてるうちにメンバーがやってきてライブ始まりました。

YOSHIMIOさんが「ビール2丁!」って頼んで、U-zhaanさんと飲んでる横でヨシダダイキチさんがシタールをつま弾くようなリラックスした始まり。けど、一旦集中し出してからはずっと凄かった。

YOSHIMIOさんの声は歌ってるんだけど、『歌』ではないような感じ。かといって声を楽器として扱ってるのでもない。両方の中間のような気がして、不思議な感覚だった。あと、何とも言えない母性のようなものを感じた。

前半は比較的ゆったりとした演奏でしたが、中盤から後半にかけてどんどんテンポが上がっていったところが圧巻でした。シタールの早弾き(?)指板見えないのに正確に、恐ろしいスピードでトリップ感溢れるフレーズを繰り返してました。U-zhaanさんもそれに合わせてタブラのスピードを上げていって、音数の多いリズムになってた。指の動きがすさまじくて、つらないかな〜と変な心配するくらい。シタールのフレーズと、時折入るタブラのドゥーンドゥーンって音が気持ちよくてどんどん陶酔していきました。最終的に40分くらいの演奏でしたが、初めて聴いた生シタールの音と、他では聴けないだろうなというような個性的な演奏に大満足でした。

ただ、会場がめっちゃ狭いところだったんですが、かなりの人があつまってギュウギュウだったのがつらかった。身動きとれないくらい。そんな状態なのにいろんな人が出たり入ったりして、そのたびに身体丸くして通してあげたりしてたんで、完全には集中できなかったことが残念でした。

もし次回あったら、ゆっくり椅子に座って観てみたいです。京都だったらアバンギルドとか合いそうかなぁ。

この動画のタブラU-zhaanさんじゃないんで、こっちも。