θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

6.5 (Gellers、チッツ、EXEDEXEX、Hara Kazutoshi) /難波ベアーズ

一度観たかったGellersに対バンがチッツにEXEDEXEXってことで行ってみました。ネット見てたら、売り切れ間近って書いてあってので、開場少し前に着くように行った。並んでるだろうな〜と思ってたけど、全然そんなことなくて拍子抜けするくらい。開場時間来てなかったけど、サクッと中に入れました。

■EXEDEXEX
ライブ初めて観た。ジャンキーでバキバキのハードコアが気持ちよかった。グラサんのDODDODOちゃんが普段と違った雰囲気でよい。けっこうやってたように思えたけど、20分くらいしかやってなかった。

■チッツ
やっぱり大好きやわ〜。ボーカルひっしーは「見えへんやろ」ってライブの半分くらい客席で歌ってた。他のメンバーも感情をそのまんま出したようないい顔で演奏してて、それがグッとくる。顔で楽器弾く人は問答無用で好きになれる。

ヤジや楽しそうに踊ってるお客さん見てると、ほんとに愛されてるんだな〜と思った。新曲もすごくよかったです。夏らしいさわやかな楽曲でした。持ち時間30分くらいしかなくて物足りなかったし、来月のチッツ企画もたぶん行くと思います。

■Hara Kazutoshi
アコギの弾き語りでした。2〜3分くらいの曲がほとんどで、そこまでアクの強い感じではなくてサラッと聴けたのがよかった。普通にいい歌でした。

マイペースなMCもとても面白かった。しょっちゅう布で弦を拭いてるなと思ってたら「手汗かきやすいんです」って。「普通に見えるけど、2曲続けてやったら後半大変なんです」というようなことを言ってて「そうなんや〜」ってなんか笑ってしまった。

Gellers
CD聴いた限りでは、普通に少し変な感じのロックで、比較的大人しめなライブかなぁと思ってましたが、全然違ってました。というか、川副さん(Gt、Vo)が全部持っていってた。周りを全然気にせずにギター弾いて歌ってしてて、かなりめちゃくちゃ。途中で寝転がって演奏してて、気が付いたら田代さん(Key)の足元に潜り込むような感じで弾いたりする場面がありました。そんな感じでかなりアグレッシブで、予想を大きく裏切るパフォーマンスだった。

演奏はちょっと雑な印象がありましたが、それ以上にみんなライブを楽しんでる様子が伝わってきていいなと思いました。見てるこっちも楽しかったです。

本編最後でやった新譜のタイトル曲『GUATEMALA』は変な中毒性があるなぁ。