θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

4.3 SET YOU ONSEN DANGO(撃鉄、THEラブ人間、人性補欠、セックスマシーン) /十三ファンダンゴ

CD買って、ライブ動画観て衝撃を受けた撃鉄を観るために行ってきました。同じ日に心斎橋クラブクアトロである渋さ知らズオーケストラも気になってたけど、いろいろ考えて初見のバンドを取ることにしました。

ファンダンゴ自体行くのも久しぶりで、調べてみたら、去年の2月に神聖かまってちゃんを観に行って以来だった。1年以上ぶりに来た十三の街は相変わらずキャバクラや風俗関係の店が多くていかがわしかったです。この空気感、ほんとにたまらん。

■撃鉄
今回のライブは撃鉄のレコ発ツアーだと思っていて、てっきりトリかと思っていたからびっくりした。

定刻ちょこっと過ぎたくらいで天野さん以外の楽器隊が出てきました。『部屋』のイントロが鳴って、CDで聴いてた音に感動。80年代を想い起させるギターの音が印象的。少し経って楽屋への階段から天野さん登場。変な帽子にトラのぬいぐるみ2体もって出てきた!この登場に「久々に見た大バカ者や!」とめっちゃ興奮しました。この時点で完全にもっていかれた。

そこからはほぼ天野さんの躍動感溢れるパフォーマンスに目を奪われてました。フットサル選手だけあって、他のミュージシャンとは根本的に動きのキレが違う。マイクスタンドにコードが絡まってあせったり、何にも考えずに本能的に動いてる感じも好みでした。途中、客席に飛び込んできたり、モニターの間で逆立ちしようとしたり何度も「アホや…」とつぶやいてました。最期の『場違い』では楽屋に戻ってもう1個トラのぬいぐるみ持ってきて入り口上の2メートルくらいあるところから飛び降りてました。

曲自体もポップで聴きやすいのがいいですね。CDに入ってない曲も好みのものばかりで、フルアルバムとか聴いてみたいと思いました。

MCで天野さんの「帽子と靴下を赤で合わせてるんです」って発言は面白かった。わかりにくいわっ!さらに後で「オチに使おうかと思ったけど…パンツも赤で合わせてるんです」って豹柄タイツの下のパンツ見せてさらに可笑しかった。芸が細かいですね。

■人性補欠
たぶん、ブルーハーツやゴイステが好きなんだろうなという印象くらいしかなかったです。

■セックスマシーン
ボーカルの人のセッティングとライブ本番のテンションの違いに驚いた。原型を留めてないジーパン穿いて、いきなりつかみのMC。関西のバンドモロ出しで面白かった。この人、終始異常なくらいハイテンションなんだけど、しゃべりが上手くてついつい引き込まれてしまいました。

曲はわかりやすい感じでした。ストレートだった。嫌いじゃないです。

THEラブ人間
ジャックスカードのCM見てちょっと気になったバンド。

ボーカル金田さんの自分の中からさらけ出すような歌が印象的でした。声も好き。音を聴くより、心で感じる音楽だった。最期の『砂男』って曲が凄く好きだと思いました。


とにかく初めて観た撃鉄は衝撃的でした。天野さんは獣のようだった。4/24の磔磔も行くことが決定しました。

セックスマシーンのストレートな歌詞、わかりやしパンクな曲調、THEラブ人間の歌やキーボードのモリサワさんの笑顔が爽やかすぎてキラキラしすぎてまぶしくて、ちょっと申し訳ない気持ちになりました。ライブが終わった後で「あと5年若かったら衝撃的なイベントだったろうなと、地味に歳取ってるなと感じてしまいました。