θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

10.16 KOENJI HYAKKEI JAPAN TOUR 2010(高円寺百景、PARA、DJAMRA) /梅田シャングリラ

大好きな高円寺百景が観れる〜!しかも対バンがPARAってことで張り切って開場時間に間に合うようにシャングリラへ。既に何人か並んでいてかなりの人が集まりそうな予感がしました。実際、ぎゅうぎゅうまではいかなかったけど、かなりの入りでした。吉田さんのMCによれば2005年以来のライブらしいので、待ち焦がれた人が多かったのかな。

入り口付近の物販で高円寺百景の新しいDVDが出てたので購入。ライブ会場かディスクユニオンくらいでしか売ってないやつらしいです。売り子は吉田達也さんでした。入ったら普通に物販にいてびびりまくった。

■DJAMRA
初見です。前知識全くない状態で観ました。楽屋から出てきたときの第一印象は「おっさんやな…」という感じ。ピアノの方がなんか冴えないサラリーマンみないな見た目で正直期待できなかったんですけど、1曲目聴いた瞬間にクラクラきました。

変拍子にキメの連発、それでいてメロディーはキャッチーという完全に自分好みな音。活動歴も長いみたいで演奏もバシッときまって格好よかったです。

ベースの方のMCがおっさん丸出しトークで笑えました。演奏とのギャップありすぎです。これはまた観たいな。

■PARA
セットは…

1.新曲
2.pastral
3.M/O
4.Crystal Code
5.Corinto
6.Arabesque

だったと思います。1時間ほどの演奏でたっぷりやってくれました。普段はヨシタケさん側にいることが多くて、向かって左側を観てることが多かったんですが、この日はちょっと向かって右の山本さん側だったんで、比較的山本さんを多く観てました。けっこう寡黙にギターを演奏してた気がします。一瞬キレたかな。

1曲目にやった新曲は前に一回聴いたことがある曲でした。音を左右に散らしたような曲で、これを生演奏でするメンバーは変態やなと思った。音を聴きながらリズム取ってても狂うときがあるのに。

最初はいつもみたいに気持ち良く音に身を任せていたんですが、演奏してるメンバーの後ろのスクリーンで流れる映像を見てるうちに完全にトリップしてしまいました。なんか音が空間に沁みわたってスーッと周りの景色が消えていく錯覚に陥りました。もう、最高に気持ち良かった。

高円寺百景
なんとなく高円寺百景は関東でしかライブやらないイメージがあったんで、梅田で観れてほんと嬉しかった。吉田達也さんは男前でしたよ。

これは何て例えたらいいのかよくわからない。MAGMAっぽいといえばそうなんだけど、人数的なことか、音はそんなに重くない。曲もコンパクトだし(それでも1曲10分くらいあるけど)、展開は複雑だけどわかりやすい。不思議だなと思いました。

吉田達也さんのドラムを中心に観ることになるかと思って観てましたが、他のメンバーも負けず劣らずな物凄い演奏で、全員同じくらい観てました。ライブが進むにつれてあまりの凄さに笑えてきた。後半、ボーカルのAHさんとクラリネットの小森さんが踊ったりする場面があって可愛らしかった。

そんな感じで本編は1時間くらいで終了。アンコールではクラシックメドレーでサクッと終わったけど、どんどこ曲が切り替わっていてとても楽しかった。数分の曲だったけどせわしなく展開が変わっていったので、長く感じました。

いや〜、初めて観た高円寺百景は大満足でした。これを機にちょくちょく関西来てほしいです。

後にして思えば、出演バンド全部が変拍子主体のものばかりでした。たまにはこういう頭を使って聴くバンドばかりのライブもいいですね。