読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

7.1Cluster Japan Tour 2010 (SpecialLIVE:Cluster(ローデリウス+メビウス)Guest LIVE:山本精一ユニット(ROVO, PARA, 想い出波止場, ボアダムス, 羅針盤.....)、DJ:Ken'ichi、Itoi(PsysEx)、VJ:HiraLion(BETALAND) + moairoq)

ライブ Cluster 山本精一

今週は仕事があまりなく、早く帰れそうだったので何かライブないかなと探していたら見つけたイベント。当日券が4,500円と高めだったけど、給料もらったばっかりだしいいかと思って行ってみました。

会場に着くとそこそこの人だかり。ボーっと待って中に入りました。山本さんの演奏は前で観たかったから前の方で待ってた。

山本精一ユニット
この日のサポートメンバーは千住さんと西さんで、どちらもPARAのメンバーです。これだけでわくわくするしかなかった。

今回のライブはClusterが対バンということでか、昔出したソロアルバム「Crown Of Fuzzy Groove」からの曲をプレイ。このアルバムの曲はレコ発もしてないし、これが最初で最後かもしれず貴重ですと言ってました。

山本さんの前に置かれた機材(リズムボックス?)からリズムを作り出し、千住さんがドラムを素手で叩いて合わせ、西さんもアンビエンスなキーボートの音を乗っけてた。山本さんの操作によって少しずつリズムが変わっていく展開と、乗っかってる音がとても気持ちよくて終始トローンと陶酔してました。

最後は山本さんのギターノイズでハッとさせられて終了。約40分のライブが一瞬の出来事のようでした。

■Cluster
正直、前情報をまったく仕入れずに来たので始まるまでどんな音になるか想像できなかった。バンド編成じゃないのでテクノか何かと思ったけど全然違った。ライブ開始のとき、ステージ端から2人のおじいちゃんが出てきて「なんだ?」と思ったけど、もう40年以上も活動している方々なんですね。そんなんでライブ観てすみません。

たぶん、60はゆうに超えていると思われる2人が作り出す空間は、楽器、効果音など様々な音がフワフワと浮かんでは消え、浮かんでは消えていき終始目が半分しか開いてない状態でした。音に身を任せているうちに約1時間のライブが終わってしまった。

終わった瞬間に「これがアンビエントのライブか!」と初めての体験に感激しました。

そんなで、ほぼ思いつきで行ったにしては素晴らしすぎるライブで大満足でした。ただ、会場は大入り満員状態で、身動きとることがままならないくらいで、ちょっと圧迫感があったのは残念。こういうライブは座って観ることができたら最高だろうなと思いました。