θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

5.30 PORT ENTROPY TOUR 2010(トクマルシューゴ、みにまむす) /梅田シャングリラ

先週に引き続き行ってきましたトクマルシューゴ。チケットがソールドアウトってことで、早めに会場到着。開演時間5分ほど前に着きましたが、もう人だかりができてました。入口の看板を見たらオープニングアクトに「みにまむす」って書いてあって心の中で小躍りし、会場内へ。

整理番号がよかったので、けっこう前にも行けたけど、会場中央のバーカウンターの後ろでもたれながらのんびり観てました。

■みにまむす
開演時間になり、幕が開くと「み」「に」「ま」「む」のツナギを着た4人が立ってました。グッチさんが「トクマルシューゴが出てくると思ったでしょー。でもまだ出てきません!」と一気にお客さんの心をつかみ(?)1曲目「みにまむすのテーマ」へ。曲によってはちょっとした寸劇みたいなこともしていて、メンバーみんなほんとに楽しそう。間のグッチさんのMCも赤犬時代から変わらずとても面白くて最高でした。トクマルシューゴとのNHK繋がりネタが最高でした。そういえば「ストレッチマンハイパー」観たことないな、今度観ないと。

普段はNo マイク Noプラグ Noアンプの3ナイ運動を展開中ですが、この日はお客さんが多かったので、ステージの上でPA通してやってました。MCでも言ってましたが、来月シャングリラ5周年で大阪城野音でのライブはどうなるんでしょう?アンプなしで客席練り歩くのか?


トクマルシューゴ
基本的な構成は磔磔と同じバンド〜ソロ〜バンド→アンコールでソロ〜バンドというかたち。磔磔では立ち位置が悪かったのか、ボーカルがあまり聴こえなかったのですが、今回はバッチリ。ボーカルがよく聴こえるとこの人の曲はトクマルシューゴが歌わないと全体に漂う浮遊感が出ないなと感じました。あのバンドの音にあの声で初めてできる世界観があると思う。

先週もあったカバータイムでは始めお客さんから「C-C-B!」と声があがりましたが、誰も曲を知らず、結局チャゲアスの「YAH YAH YAH」をやってました。曲が終わってトクマルさんが「みんなこれ(拳を突き上げる動作)やってた?」と問いかけてましたが、誰もやってなかったです。イトケンさんが「風がなかったからね」と言うと、岸田さんが「オレもトレンチコート着てなかったし」とカブせて笑いを誘ってた。

ひとつのバンドのツアーを2回観たのは何年もなかったので、会場によってこうも印象が変わるのかと不思議でした。磔磔は木の香りがしそうな温かみのある感じ。ザーッという雨の音も雰囲気出ててよかった。シャングリラはステージ後ろの幕やシャンデリアがちょっとしたホールのような印象で、シャキッとした音のような気がしました。