θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

2.14 shining(z-z言語「ウ」、DODDODO、オシリペンペンズ、枡本航太、GAGAKIRISE(from東京)) /京都メトロ

大阪の女子高生まめぴよちゃんの企画イベント。びっくりするくらい濃いメンツ。すごいっすね〜。

ちょっと早めに家を出て、昨年子どもができた友達の出産祝いを買おうと思って京都行ってみましたが、これは!というものに出会わず、ご飯食べて会場へ行きました。今日はバレンタインってことで、今日の出演者の人のチロルチョコのプレゼントがあって、なんとなくペンペンズのをもらいました。

入口いにたまめぴよちゃんに声かけてDJ航太の選曲を聴きながらしばし待ちます。

枡本航太
初見でした。アコギの弾き語りスタイルで、絞り出すような声が印象的でした。普通にいい曲だな〜と思って聴いてました。ギタープレイもけっこうパーカシッブで好きな感じ。

■GAGAKIRISE
こちらも初見。けっこう前にK2RECORDで「和製LIGHTNING BOLT」って書いてあるPOP見て借りてみましたが、音がまとまりすぎていてちょっと合わないかなと思ってましたが、ライブ観て考えが変わった!

ギターとドラムの2人組なんですが、ギターの人がベースアンプ含めて3台のアンプを使って、物凄い迫力の轟音を繰り出してました。曲もかっこいいリフ中心で、ライトハンド奏法などテクニックもばっちり。ドラムの人のグルーブも強靭で文句なし。なんか観てて「あっぱれ!」って頭に浮かんでた。

あっけにとられてるうちに終わってました。もっと観たいと思わせるいいバンドでした。

■DODDODO
なんか1人のときは機材トラブルが多く、不安定なイメージがありました。けど、トラブルは全然なくて、文句なしの出来。本人もほんと楽しそうで盛り上がってました。

DODDODOちゃんの書く曲は、歌詞の影響もあるんでしょうが、どこか童謡っぽいなつかしさがあって大好きです。1回バンド編成のライブも観てみたいな〜とか思います。特に新曲のたぬきのうたが好き。

z-z言語「ウ」
昨年7月以来2回目。メンバーみんな見た目は普通のおにいちゃんなのになんでこんなヘンテコな曲ができるんだろう。うまく言葉にできないですが、めまぐるしく曲展開が変わって、次の展開が全く予想できない曲。あまりに変わりすぎてさっきの演奏はどんな感じだったのかもわからずに頭がバグってしまう。
あっという間に終わってしまいました。

終わった後、疲労感と突っ切った爽快感が同時に来ました。

オシリペンペンズ
モタコさんは本編ずっと黄色と黒にシマシマTシャツにジャケット着てやってました。暑かったみたいで、途中から腕まくりしてた。キララさんは赤紫?のちょいフリル着きの服。これはどこで仕入れるんでしょうか?迎さんは無地のTシャツでした。

もう何回も観てるので、初期衝動はありませんが、何故かぐっと来るんですよね。たぶんメンバー全員が本気で音楽に取り組んでるのがバンバン伝わってくるからなのかな。

いつも思いますが、どの曲も決まりきった流れじゃなくて、状況に応じて長くなったり短くなったりと変幻自在に対応できる3人ならではのアンサンブルがマンネリにならない理由なのかなと思います。

退屈な出演者が1組もなくてほんと楽しいイベントでした。あと、個人的には進行がスムーズで、イベント全体に間延びした印象がなかったのがすごいなと思いました。それと、通常のライブイベントより少し早めな17時半スタートで21時過ぎに終わってくれたのもよいな〜と思いました。日曜のライブで終了時間が遅くなりそうだと、次の日の仕事を意識して二の足踏んでしまうことがあるんですよね。

ほんと楽しかったです!!