θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

8.16 macaroni!!! high school 〜BOGULTAヨシカワショウゴ卒業式編〜(BOGULTA、ドラびでお×七尾旅人×あふりらんぽ、国府達矢バンド(国府達矢、一楽誉志幸、小島誠也、ヒロナカスグル)、七尾旅人) /梅田シャングリラ


行ってきました。ヨシカワショウゴさん卒業式。BOGULTAは結成当初から何回もライブ行って成長度合?とか知ってるだけにホンマの卒業式みたくちょっとセンチな気分もありました。とりあえず中入ったらかなりお客さんがいてびっくりしました。最終的にギュウギュウの満員状態。セットチェンジのときにかかってる曲もメタル系の曲ばっかりで、ショウゴさんの趣味に合わせてるんだろうなという感じ。個人的に何曲かCD欲しいと思わせる曲もありました。

七尾旅人
名前は何度も聴いて興味があった人です。ギターの弾き語りスタイルでした。

最初のMCでアホみないなことばっかり言ってていきなり好きになりました。その後の曲間のMCもゆるい感じだけど楽しくて最高でした。

曲は普通にいい感じで、時折、サンプラーとか使ってリズムトラックを加えたりして全体的に飽きさせない構成でよかったです。途中、加藤雄一郎さんをゲストに迎えてBOGULTAの「メッ政治」のボサノバカバーがありました。直前のMCで「BOGULTAのカバーやります」って言ってた時に一番想像できない曲で意外だった。めっちゃオサレで原曲ではとても力強い「ケチコラセ!」の歌詞が全然違って聴こえた。


■国府達矢バンド
完全に初見。名前もよく知らなかったです。久しぶりにFRATENNのメンバーの様子が観れて良かったです。小島誠也さんのヘロヘロボイスとなんとも間抜けなMCには笑わせてもらいました。

ライブ自体は曲の感じとか好きなところも多いんですが、いまいち突き抜けたところがなくてそんなに印象に残らなかったです。

あふりらんぽ
まずはじめにユーミンの「卒業写真」の替え歌。あふりらしいな〜とほっこりしてたら曲がスタート。ここ最近のライブでやってる新曲がすごくよい感じ。今レコーディングは中断状態みたいですが、新譜が楽しみです。あと、大好きな「Cava」もやってくれて選曲は大満足でした。

ドラびでお
久しぶりに観ます。やっぱり強烈なドラミングとユーモアセンスは凄い。トイレその後にのやつは大好きです。あとはのど自慢のやつ。ほんでやっぱりあったのりぴーネタ。数日前新幹線の中で作った曲らしいです。

9月の上旬にSMAP×SMAPに出る(以前放送されなかったのがようやく放送される?)らしくて、めちゃ楽しみ。なんかジャニーさんネタや森くんネタを用意していったけど、ことごとく却下だったらしい。

BOGULTA
学ランのショウゴさんが卒業証書を受け取ろうとしたときにNANIさんが「まて〜い!」と乱入するかっこうでライブスタート。お客さんも大盛り上がりで、モッシュやダイブが起きるめちゃくちゃ状態でした。ほんとにものごっつい盛り上がりで、僕も踊りまくりで楽しかったです。あふりのぴかちゅうやDODDODOちゃんもステージの上で踊りまくってました。

曲以外のところでは「福一ータ来来来」に入る前のMCから激しくサンプラーのスイッチ入れたら前にやった曲のイントロが流れちゃうミスがあって、ショウゴさんが「出た!伝統芸能」って言ってたりグダグダで笑えるところも多かったです。

ただ、後半機材トラブルがあって、直してる間にショウゴさんに「ベースソロやってや〜」って振るんだけど全然やってくれないから、NANIさんがドラムソロやってそこからベースソロへ!みたいな振りをしたけど結局やってくれなくて「そういう一気飲みみたいなん嫌やねん!」って言うショウゴさんとの空気。なんかうまく書けませんが、個人的にこういう空気感にトラウマがあるので、ハラハラしました。これ観たときに「2人で一緒にやることはもうないのかな〜」と思いました。たぶん本気じゃないのかもしれませんが。

本編ラストの「チンパンB」が終わって時間がヤバかったので帰りました。

そんな感じで第1期BOGULTAが終わりました。全体的にはとにかく時間が大変でした。あふりらんぽ開始の時点で21時くらいで、ドラびでおで22時くらい、トリのBOGULTAが23時スタートという状況で、ちょっと家が遠い人はBOGULTA観に来たのに観れずに帰るということになってたかもしれません。僕も「次の日仕事やしどうしようか」って気持ちと「せっかくやしできるだけ居とこう」って気持ちと葛藤がありました。とりあえず終電調べてできるだけ粘ることにしましたが、BOGULTAのときに何度か時間を確認したりして完全に集中できなかったのが残念でした。開演時間が1時間早ければな〜という感じ。そこがちょっといただけなかったです。