θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

7.12 NOOOOOOOISEEEEEEEE(JOJO広重 (非常階段)、IONS、NODIZ (VCLXZ + BRAIN TIBET)、Z-Z言語「ウ」、bt.mp.disciples(青野忠彦[ex.SUSPIRIA] + ヨシカワショウゴ[BOGULTA])、DJ:AAAKKKIII、DIESUCK /難波SAOMAI

昨年末、パルティッタで観て以来のIONSと、前はいつ観たか忘れるくらい前(名前がWALKMANのとき)だったbt.mp.disciples目当てで行きました。あとはJOJO広重さんも興味があった。

出演者が盛りだくさんなイベントだったので、開場時間からいきなりライブかもな〜と思って行ったら全然でした。というかSAOMAI初めてだったんで思いっきり迷って15分くらい遅れたけど大丈夫だった。難波ロケッツの近くにあることまでは調べてたけど、あの入り口は分かりにくいっす。3分くらいロケッツ来てたお客さんに混じってジーッと待ってました。

この日はお客さんの入りが悪くて、中入ったDJブースに数人という状況。結局ライブ始まり出しても変わらずで、客だけど「大丈夫かな〜」とちょっと心配になりました。これくらいの入りの方が自分の観たいところで観れていいといえばいいんですが。あと入り口にタイムテーブルがあって、トリのJOJOさんが22時50分スタートというハンパない時間だったので、JOJOさん観るのは諦めました。いきなり開演も押したし。

■NODIZ (VCLXZ + BRAIN TIBET)がっつりノイズな2人組み。この人たちみて「このイベントはノイズのイベントなんだよな〜」と実感。机に機材置いて2人向き合ってずっと機材をいじってました。

個人的にはこういうスタイルのノイズは座って半分寝ながら聴くのがいいと思っているので(むしろ寝てしまったほうがいいと思う)、ずっと立って観てるのは疲れました。もうちょっとザラザラした音色のノイズが好みなので、いまいちでした。

■bt.mp.disciples
かなり良かったです。青野さんのドラムを聴いたのは昨年末ベアーズであったドラマンダラ以来で、あのときはドラマーばっかり9人もいて訳分からなかったですが、こうしてきっちり聴くと凄いなと思います。すごいキレというか疾走感があるドラミングで、聴いてる方のテンションが上がる。動きもハデでハイハットもこれでもか!てくらい激しかった。スネアの音がスコーンっと抜けて、僕好みの音だったんでよかったです。

で、相方のショウゴさんはゴリゴリのベースで、これはベースの音か?ってくらい。ベースからシールドが2本出てて、それにもちょっと興奮しました。床に機材山盛り、配線ぐしゃぐしゃの人は無条件で興奮してしまいます。

途中、ショウゴさんのベースの音が出なくなってしまうトラブルがあって、楽屋からZ-Z言語「ウ」の人のジャズベースを借りて半分ヤケで演奏してたのも面白かったです。ジャズベース持つショウゴさんの画はめったに見れない気がします。

バキバキのグラインドで、そういうイベントにもっと出てほしいです。

Z-Z言語「ウ」
何か名前は知ってました。メンバーの見た目、曲のパーツは普通なのに全部合わさると意味不明になる。曲展開も複雑で、これは凄い!って思ってるうちにあっという間に終わってしまいました。何回か観ると違ったよさを感じられそうなバンドでした。

見た目普通なバンドは音が普通じゃなくてよい感じ。

■IONS
DJブースの音がひと段落してライブスペースへ移動。まだリハをしてるような感じでしたが「あっ、外終わったの?じゃ、やろうか」と増子さんらしい言葉でライブスタート。

このバンドはWATCHMANさんのグラインドなドラムと増子さんの改造マイク2本(それぞれ間にエフェクターかましてギターアンプとベースアンプに接続。増子さんの声をエフェクターでノイズ加工して放出というサウンドシステム)、さらに増子さんの上着のなかにも何か機材(前観たときはテルミンかと思ったけど、違うっぽい)があって、マイクの声と手を上にあげたり振ったりすることで音が変わるという構造。全身楽器みたいで、V∞REDOMSのセブンナーといい、その発想はそこから出て来るんだろうといつも思ってしまいます。

そんなヘンテコな編成ですが、演奏はけっこうちゃんと(失礼)していて、ただガーガーノイズがなってるだけじゃないところがニクイです。WATCHIMANさんのドラムもグラインドなブラストビートやちょっと民族風のものなどリズムパターン豊富で楽しませてくれました。

ライブの後半、端の方で観てた青野さんを引っ張り上げて3人でセッションに。増子さんが「こうしたらブラストで」みたいな軽い打ち合わせくらいでスタートしたので、最初はちょっとかみ合わない瞬間がありましたが、すぐに息が合って怒涛の演奏。おお〜!いいもん観れたなと思ってるうちにライブ自体も終了。

ライブの最初と最後に増子さんがマイクで何か言ってたけど、ただのノイズでさっぱり聞きとれず。メンバー紹介はしてたみたいだからお客さんも拍手で応えたりちょっと笑える状況もありました。

前貼ったのとは違う動画見つけたんで、貼っときます。これ観たらよく分かると思う。

ここまで観て22時半くらい。次の日仕事なんで、JOJOさんに惹かれつつ帰りました。