θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

DMBQ /難波ベアーズ

この行きたいけど、仕事だし行けるかな〜と何回も書いてましたが、結局行きました。早朝出勤、残業しまくりでなんとか仕事の段取りつけて18時過ぎ職場を脱出!京都の職場から阪急、地下鉄乗り継いで難波まで向かいました。

ベアーズのサイトで開演が19時半となってた気がしてて、電車の時間を確認したら、ちょっと遅れそう。雨降ってたけどもうとにかくダッシュして到着したのが19時40分ごろ。受付行ったら20時開演って書いててほっとしたような「このダッシュはなんやったんや〜!」という気持ちが入り混じって訳わからん感じ。

中入ったら満員で身動きとれないくらい。DMBQのライブは最前列ではりついてメンバーの動きを見るのが常でしたので、今回も着てたスーツをおしゃかにするくらいの気合でしたが、ダメでした。とても前には行けそうになかったです。しょうがないので後ろでゆっくり観てました。

セットリスト(ちょっと抜けたり順番違いがあるかも)

  1. She Walks
  2. Exchange Blues
  3. Taste
  4. Fellows
  5. 新曲(けっこう前からやってる。長め)
  6. Mama Song
  7. Nowhere
  8. Small Hours
  9. 新曲(新しめ。キメキメで短い)
  10. E(means Eternal)
  11. Are You Satisfied?

もう1曲新曲があったかもしれません。約2時間のライブでした。短めの曲を何曲か演奏して、長尺曲へ流れるパターンが3回ほど。長尺曲のインプロは毎回違った感じで面白かった。

メンバーの動きはあんまり見えなかったんですが、たまに人の間から激しく動くメンバーの姿が見えるたびにニヤニヤしてました。頭もじゃもじゃの龍一さんがいつもつけてる光るメガネが今日も輝いてました。松居さんの髪も良い感じに伸びていて、うさんくささがハンパなかったです。

全体的には和田シンジさんのドラムが強烈でした。1音1音が腹にくるようで体感するドラム。生で聴いてこそ魅力が伝わるよな〜と感激してました。シンジさんが加入してからのDMBQの演奏はちょっとタイトとは言いにくいものになりましたが、曲自体が生き物のようで、他にはない独特のグルーヴ感がある気がします。「Fellows」のリフとか笑えるくらいタメまくりで、元々はそんなに好きな曲じゃなかったけど、かなり好きになったし。

今回のライブで特にうれしかったのがE(means Eternal)の演奏があったことです。この曲のリズムパターン、リフは最高に好きなんですが、この曲が収録されてる新譜出したときくらいにやってから全然演奏してなかったんで、全く予想してませんでした。イントロのリフが鳴った瞬間もしや!?と思ったら案の定で、これ聴けただけで今日のライブは来た甲斐があったなと思えました。

そこから最後の定番曲「Are You Satisfied?」へ流れ、最後のShoutへ。増子さんのガスマスクもバッチリで、狭いベアーズの中に轟音のノイズが鳴り響く中、増子さんがお客さんの上を歩き出しました。大阪でこれやるとすぐに下へ落とされることが多いんですが、今回はなかなか落とされずお客さんの上で立ったり寝転んだり暴れまくってました。最後は後ろのPA席辺りに落下。その後、お客さんの上にドラムセットを組んで、シンジさんが叩きまくってました。ベアーズは天井が低いので、ドラムを横から叩くような感じ。

こんな感じです。そこから客席の真ん中にドラム積み上げて、ビール瓶入れるケースをボールに、ハイハットの棒?(シルバーのハイハット支えるやつ)をバットに見立ててシンジさんがかっとばしました!…が、はずれたのでシンジさん自らドラムに突っ込んで破壊。ここまで来たらもうやりようないので、終了です。メンバーみんなにこやかに手を振って帰って行きました。

ライブ後、夏用にTシャツとロンT買って次の日も仕事なんでさくっと帰りました。めちゃ満足でした。

MCでちょっと言ってましたがやっぱりCD出るみたいです。本人の口から聴くと実感が出てくる。いつかはわかりませんが、そんなに遠くないのかなと期待してます。