θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

3.22 闇鍋音楽祭2008(ソウルフラワーユニオン、赤犬) /梅田シャングリラ

RAIN DONGSを出て、ちょっとご飯食べて、着いたら18時半くらいでした。チケットソールドアウトってことで身動きとれないくらいの人かなと思ったけど、そこまではいかなかった。ヒデオさん側のけっこう前をキープして待ちます。

赤犬

●セットリスト(ちょっとあやふや)
1.イッキにいてまえ!!
2.ゼニゲバラ
3.Kineko Sun
4.あの日、シバレタ
5.だめだめ日和
6.ええじゃないか!!
7.グッバイ・トゥーナイ

まあ、順当なセット。久しぶりにゼニゲバラが聴けたのがよかったです。ソウルのお客さんが多かったんですが、かなり盛り上がってました。ロビンさんとヒデオさんのコント(MC?)もめちゃウケてました。

そのMCですが、今回は美味しんぼの山岡(ロビンさん)と副部長(ヒデオさん)で、副部長が食欲がなくなってしまうという話。ヒデオさんは出っ歯の小道具をつけて歌ってました。以下だいたいのやりとり、声マネもしてたので、そのへんも意識して読むといいかもしれません。

山「どうしたんですか?副部長。」
副「最近、食欲がなくてね〜。」
山「なんですと!?究極のメニューを探す、わが東西新聞社の副部長ともあろう人が食欲がないだなんて!わかりました。私がなんとかしましょう!」
山岡、リッツを取り出す。
山「さ、副部長。これを食べてください。」
副部長リッツを食べる、どんどん食べる。食べ過ぎて後半、口に入りきらないリッツが床に落ちまくるが食べる。
副「山岡〜。食欲が湧いてきた〜!!」

…みたいなネタでした。元ネタを知っていたので、面白さもひとしおでした。そっからはアキラさんのオチのないMCもあったりしながら、踊りまくりました。

音的にはマルさんがいないため、「あの日、シバレタ」のバイオリンソロの部分がキーボードで補ってたりしたんですが、なんか物足りなさがありました。

ソウルフラワーユニオン
赤犬が「ええじゃないか!!」で終わり、ソウルフラワーは「エエジャナイカ」で始まる展開になんかうれしさを感じました。そこから「こたつ内紛争」へ、その後も「神頼みより安上がり」、「不死身のポンコツ車」とか踊れる曲のオンパレードで、やっぱり踊らされてしまった。そうかと思ったら、「風の市」みたいなしっとりした曲も演るし、さすがな感じ。

んで、本編ラストは定番曲「海行かば 山行かば 踊るかばね」。タワレコで偶然この曲がかかってるのを聴いて、思わずCDを買ってしまいファンになった思い出のある曲だから、定番曲とはいえ聴けてよかった。

アンコールではまたまた定番曲「満月の夕」。この曲はライブハウスよりどこかの公園とか野外のちょっとしたスペースでやるとさらに映える曲だと思います。で、「荒地にて」でみんなのコーラスがあって、おしまい。

……かと思いきや2回目のアンコールに応えてくれて、「うたは自由をめざす!」が。忘れてたけど、この曲も聴かないといけない曲ですね。けっこう帰ってしまった人もいたみたいで、けっこう前で観れたのもよかったです。

久しぶりのライブはすんごい楽しかった。今まで溜まっていたストレスもかなり解消されました。やっぱり月1回はライブに行かないといかんですね。

ついでにソウルフラワーのキーボードの奥野さんとミドリの後藤さんの対談を発見したので、リンク貼ります。

http://www.hotexpress.co.jp/interview/yaminabe_080328/