θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

10.29 星降る夜腰振る僕(BOGULTA、ヨルズインザスカイ、テクノ妹子、沢田ナオヤ、UTERO ZZZAAA) /梅田HARD RAIN

BOGULTAが観れる、チケ代1,000円、ということだけで行くことに決めたこのイベント。なので、対バンの情報はゼロ!でも、なんとかなるかとお気楽に行くことにしました。

せっかく大阪方面に出ることにしたから、ちょっと遠いけど、難波にあるK2レコードまで足を運んでみることにしました。先週、クイックジャパンで存在を知ってから密かに目をつけてました。

サイトを見てもらったらわかるとおり、僕好みの音源が山のようにあって興奮しました。どこに何があるのか分からないくらい。予算の関係で抑えて抑えて8枚ほど借りました。かなり満足。これからお世話になる予定です。

話しは戻って、イベントですね。ハードレインは初めてでした。初めての場所に行くということは迷うということです。今回も例に漏れず迷いました。会場の周りを走り回ってました。で、秋の夜に汗だくになりながら会場に入るともう始まってました。開演時間をまちがえたみたい。もう中は一杯だった。しょうがないので後ろの方で観てたらマゾさんが普通に入ってきました。ビビッた〜。

■ヨルインザスカイ
このイベントで唯一普通のバンド形態のバンド。重厚なリフと声の高いボーカルが印象的だった。

■沢田ナオヤ
甘い声の弾き語り。普通に良い歌で、ヨルインザスカイでの熱気をいい感じに冷ましてくれました。MCがうさんくさい関西芸人みたいで歌とのギャップがおもしろかったです。

■UTERO ZZZAAA
すんごい怖そうな格好をした男女のユニット。ボガルタ待ちで一番前に行ってしまったので、身の危険を感じました。いかにも客席に飛び込んできそうだった。音はガバにあたるのかな?音はすんごいんだけど、パフォーマンスが思ったより激しくなくてイマイチだった。

■テクノ妹子
アホでした。名前のとおりテクノポップなんですが、なんかおかしい。言葉では説明しにくいので、公式サイトのリンク貼っておきます(曲の試聴もできます)。写真とか見てもらったらなんとなくわかると思います。こういう人がキレのないダンスを踊ったりしてました。もうね、パフォーマンスを見れた前の方は爆笑ですよ。曲の題材もいちいちおもしろいし、小ネタも効かせていてヤバかった。何がきっかけでこの人はこういうことをしようとしたのかめっちゃ興味ある。

なんか途中でデジカメでお客さんを撮りだしたと思ったら、いきなりカメラ渡してきたので一枚撮ってあげました。いきなりだったのでびっくりした。是非、赤犬さんと対バンしてほしいです。けっこうすんなり受け入れられそう。

http://halsaitsu.ld.infoseek.co.jp/

BOGULTA
2回目。NANIさん側の一番まえにいたから、怖いくらい近くで観れた。かなりのお客さんが前の方につめかけてました。曲はズイの縮小版+サンプラーといった感じ。2人なので、一人ひとりの手数が多い多い。

近くで観たせいもあるのか、圧倒的なエネルギーでした。途中で照明を消させて、真っ暗の中で演奏してたのには驚きました。ほとんど何も見えなかったのに。曲数も増えて30分くらいやってました。早く音源聴きたいなあ。