θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

RE−TADA(from NY)、ULTRA BIDE、BOGULTA、ダブマロニクス /京都OOH-LALA

行こうか行くまいかギリギリまで悩んでましたが、チケ代1,000円!安い!ってな訳で行ってきました。行くことに決めた時間は17時。開演は19時。たぶん家から会場までどんなに頑張っても1時間はかかる。かなりギリギリな状況。しかも、OOH-LALAは初めて行くので道に迷うことは必至!でも、なんとかなるだろと、OOH-LALAの地図を記憶するだけで出発する暴挙に出ました(印刷するのがめんどくさかった)。

とりあえず、調べておいた最寄り駅「阪急西院」に着いて途方にくれました(ここまでしか覚えてなかった)。時間は18時20分。開場は30分だから、あと10分しかない。あっ!ローソンがある。「ぴあ」で地図を見よう!…って「ぴあ」なくなってるやん。次号の発売日前日なので、もう撤去したみたい。しょうがないので、適当に歩くことにしました。

適当に歩くこと5分、焼き鳥屋を発見。確か、自分の記憶では焼き鳥屋の手前を右に曲がるはず!と右を見たらありました!思いっきり住宅地の真ん中に。隣が普通に民家なのはびっくりした。まあ、無事発見できてよかったです。発見できた喜びにひたりながら近所のコンビニで暇つぶし。40分くらいに戻ったら、出演者の人とか何人か人がいました。…が、全員関係者らしい。普通に出演者の人と楽しそうに喋ってました。一般の客は僕1人みたい。…アウェイやな。ただの客やのにアウェイを感じた。しかも、リハが遅れて開場してなかったので、なんとなく居場所がなかったです。しょうがないので、その辺で待ってました。そんなこんなで、開場。結局、一般のお客は数人だった気がします。

■ダブマロニクス
エフェクトかけまくりの音響系になると思われるバンド。3人とは思えませんでした。すごいんだけど、後半は少し飽きた。

■BOGULTA
すんごい!ZUIよりシンプルなドラムセットのNANIさんと、アップライトじゃない普通のベースのショウゴさん。ZUIとは違う衣装でした。素顔でライブするショウゴさんを初めて観ました。NANIさんは刀を持って客席を練り歩き「音楽関係者はいますか?いなかったら前で踊ろうぜ!」と、ステージ前の机をどけさせておりました。せっかくなので、僕も前に出て観ました。お客さんが少ないから、メンバーまでの距離が1メートルなく、すごい良く見える。

曲はZUIよりも少しシンプルでわかりやすい。でも、あのセンスは健在でした。ただ、そんなに曲がなかったようで15分くらいで終ってしまったのが残念でした。まだまだこれからって感じ。絶対また観に行きます。

■ULTRA BIDE
何も語ることはありません。相変わらずのかっこよさ。途中でドラムのハイハットが開かなくなってしまい、スタッフの人が直してくれたんだけど、その後も数センチしか開かなくてちょっと笑った。

■RE−TADA(from NY)
1人でドラム、ギター、エフェクトをしてはりました。イメージとしては前にファクトリーの中継で見た桝本航太さんのような感じ。正直「う〜ん」という感じ。あのときも漠然と感じてたんですが、1人でいろいろやると、どうしても楽器を変える瞬間に間でできてしまい、違和感が出るんですよね。あと、ドラムの音が打ち込みが主なのが…。

そんな訳で、今回はもうBOGULTAでした。まだまだ未完成ですが、この2人のエネルギーはすごい。