θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

1.22 TOMOKI presents MUSIC FAIR vol.1(LIVE:ギターウルフ/ウルトラ・ビデ/ドリルマン/ 野獣(NO-KEMO-NO)/ SEX+Y DJ:NAKAGAWA) /京都メトロ

前から観てみたかったウルトラ・ビデ、言わずもがなの野獣(NO-KEMO-NO)、そんでギターウルフとロックなバンドが多く、熱いイベントになりました。

メトロは地下にある京阪丸田町駅から地上に上がる途中にあって、交通の便が良すぎるところがいいですね。でも、クラブなので、終演時間が遅いことが多くて、それが少し難点です。この日も23時過ぎまでやっていて、終電が微妙だったので、途中で帰ってしまいました。

□SEX+Y
女の人3人組みのガレージバンド。あんま印象に残ってないです。

□ウルトラ・ビデ
ドラムがステージの前の真ん中にセットされビビリました。あと、ギターがいなくてベース2人とドラムという編成にも驚きました。準備ができてライブが始まると、ヒデさんがガンガン前出てくるし、目の前でドラムを叩いてるので迫力がすごい。音も「これがベース!?」と思うようなエフェクトかけまくりの音ですごいかっこよかったです。また観に行きたい。

□ドリルマン
あんま覚えてないです。

□野獣(NO-KEMO-NO)
久しぶりに見る馬場さんは、以前の目があったら殴られそうな感じがなくなり、髪も短くなってシャツにジーンズという格好だったので、まずそこに驚きました。NANIさんは普通でした。

ライブはもうメチャクチャでしたよ。馬場さんはステージの前に用意された足場で歌ったので、30cm先にはおる。ステージと客席の間の柵もとっぱらったので客席に来る、ギターの人も来る。

曲は首狩族のときみたいに「ロックンロール」な感じでなく、それよりも「ロック」寄りだった気がします。正直パフォーマンスがすごくて、曲をしっかりきけてませんけど、そうだった気がします。これもまた観たい。

ギターウルフ
この時点で22時を過ぎていて、風邪気味だったこともあり、半分夢の世界へと旅立ってしまってました。なのであんまり覚えてません。

覚えてることといえば…
・ジェットジェネレーションをやった
・ベースの人が以前よりもうまくなってた
ボロフェスタではやらなかった「KICK OUT THE JAMS(?)」をやって、お客さんにギターを渡すパフォーマンスをしてた

ことくらいです。