θ

行ったライブのレポなどが書かれていると思います

猫が見たライブ/オシリペンペンズ

音が悪い。ライブ会場のどこかにマイクを置きました。それをそのまま出しました。みたいな。しかも、モタコさんの声がなんか高くなってる気がします。

そんな理由で最初は「なんじゃこりゃ?」と疑問符出まくりでしたが、冷静にタイトルを見てピンときました。猫が見たライブ。なるほど、これはライブ会場に迷い込んだ猫の目線で作られた音源なのか、と。そうであれば音質が悪いのも声が高いのも納得。むしろ、このほうがリアリティがあるんじゃないかという気になりました。

ライブとかビデオでしか収録されなかった曲たちがかなり収録されていていい感じです。プチベスト盤みたいな。中でも「ビートル」はイントロのギターがかっこよくて、密かに音源化を熱望していたのでうれしかった。

全体を通して感じたのは、ペンペンズの魅力って曲の形がありそうでないところなのかなあと思います。主なリフやメロディーが一応あるけど、カチッと決まった曲の展開がありそうでないような。曲がどのように展開されるか、いつ終わるか分からない不安定感がいつもつきまとう。そんなところが何回観ても飽きないんじゃないかと思いました。このCDも歌詞カードの通りに歌ってないですからね。

いつもはモタコさんの手書きの歌詞カードなんだけど、今回はちゃんとタイプされた形の歌詞カードで新鮮でした。あと、ジャケットの裏がZUINOSINって。そりゃないだろ!レジでお金を払ってから初めて見たから、一瞬頭がパニックになりましたわ。